BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。

番外編

【2021年抱負】ビズペラのしょぼいエコシステム

みなさま、新年あけましておめでとうございます。 おかげさまで、ビズペラは2周年を迎えました。 無事2年間続けてこれたのも、みなさまがたくさんビズペラを読んでくれたおかげです。 本当にありがとうございます。 さて、今回は、ビズペラの2021年の抱負を…

責任感の良し悪しを決める構造

責任感とは、「起きたことを自分のせいだと思い、尻拭いする覚悟」のこと。 私は責任感をこのように定義しています。 では、この責任感は強いほうがよいのでしょうか? おそらく、答えは「否」。 「強い責任感」という言葉は正と負の両方の文脈で使われるか…

【5分でわかる】マリメッコグラフはExcelで作れる

いつも書評と抽象的な考察ばかり書いているので、たまには仕事に使えるTips的なこともお伝えできればと思います。 今回は「マリメッコグラフ」がテーマです。 マリメッコグラフって何? なぜマリメッコグラフを使うのか? 棒グラフでは「ボリューム」しか示…

「わかりにくい文章」の書き方

「つまり、どういうことだってばよ?」 こんなフレーズを毎日頭に思い浮かべながら仕事をされている方も少なくないのではないでしょうか? 私も昔からこの悩みと闘っています。 なんせ、センター試験の現代文が100点満点中40点しか取れないレベルの読解力な…

それ、本当に「構造化」といえますか?

(出典:https://unsplash.com/photos/0g-iLtxmMhA) はじめに 「この文章、もっと構造化して書いてくれないかな」…と言われても、何をどうすればよいのか? 「分解や分類」と「構造化」は何が違うのか? このように、わかるようでわからないキーワード筆頭…

北野唯我さんと念願の対談!@グロービスVoicy

ついに、ついにですね… 憧れの北野唯我さんとVoicyで対談をさせていただきました! ※Voicyはいろんな種類のトークを楽しめる、ラジオのようなボイスメディアです。 ※どれくらい北野さんに憧れているかは、以下の記事を読んでもらえると、痛いほどわかるかと…

油断大敵!「議事録よろしく」の本当の意味とは?

(出典:https://unsplash.com/photos/RLw-UC03Gwc) 「議事録よろしく」の本当の意味 議事録を書く目的 ①ToDoを明確にして物事を推進するため ②決定事項の証跡を残すため ③議論に参加してない人にも文脈をわかってもらうため 議事録の品質を左右する5つの要…

「論理よりも感情が大事」の本当の意味

はじめに 「論理よりも感情が大事だよ」 「正論じゃ通用しない。現実論を語ろうよ」 私がよく頂いたフィードバックは、この二言に集約されます。 私自身も、このフィードバックには納得していますし、日々改善に向けて努力しています。 しかしですね、最近気…

【1枚でわかる】『ESG思考』夫馬 賢治

この本で解ける疑問は? ESG(環境・社会・企業統治)の真の意味合いとは? SDGsとESGの本質的な違いとは? この本で解ける疑問は? 『ESG思考』って? 学び ESGとSDGsの違い ESGを出発点とした場合 SDGsを出発点とした場合 ESG→SDGsの順番で学ぶのがオススメ

【生意気コラム】「提案があがってこない組織」の構造

はじめに 「提案があがってこない組織」の構造 問題の本質は「選択権」がないこと 「選択権」が好循環を生む

「やるべきこと」と「やったほうがいいこと」との向き合い方

はじめに そもそもの問題意識 組織というより個人にフォーカスしたい まずは、補助線を引いてみる 土俵って何? 2軸で見えてくる4種類の仕事 ①やるべき×自分の土俵外の仕事 ②やったほうがいい×自分の土俵外の仕事 ハッキリ「No」と明言する さっさと「省力化…

イケてる話し方とイケてない話し方

(出典:https://unsplash.com/photos/PviMD8jDeYE) ここ最近は、ほとんどの会議がWeb会議ですよね。 話し手のニュアンスを汲み取るのが対面よりも難しいので、Web会議で話を聞くときは、いつも以上に集中しないといけません。 しかしいくら集中していても…

【note更新!】「もっとたくさんの人と話した方がいいよ」という意見に一言申したい

今回から、書評に関係ない記事はnoteに投稿することにしました。 具体的には、私が普段の生活で感じている疑問点について、「賛否両論分かれそうだけど、ぶっちゃけこうじゃね?」と思う事をざっくばらんに綴っています。 今日は「もっとたくさんの人と話し…

【厳選3冊】これを読めば、毎日振り返る習慣が身につきます

この記事では、どんな悩みが解決できるの? ところで、どんな基準で本を選んでるの? 『初速思考』金田 博之 『ミーニング・ノート』山田 智恵 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』ライダー・キャロル

【コラム集】良い〇〇と悪い〇〇

いつもは書評やビジネス書の要約を書いていますが、何度か「良い〇〇と悪い〇〇」と題して、コラムを書いてきました。 このコラムが嬉しいことに意外と人気だったみたいで、本ブログのアクセス数の大部分は、番外編のコラムが支えてくれています(笑) そん…

良い当事者意識と悪い当事者意識

(出典:https://unsplash.com/photos/Ws4wd-vJ9M0) 今回はいつもの書評と主旨を変えて、個人的にモヤモヤしていることをコラムとして書いてみます。 テーマは「当事者意識」です。 なぜこの記事を書こうと思ったのか? そもそも当事者意識とは? 世の中的…

【実は希少!?】会議の鍵を握る「高速議事録」スキル

(出典:https://unsplash.com/photos/vbxyFxlgpjM) 最近はコロナの影響もあって、オンライン会議の機会も増えてきましたね。 普段何となく感じ取れる空気感やジェスチャーといった「ノンバーバル情報」も不足しているし、ホワイトボードの自由度も限られて…

【特別企画】外出できない今、向き合うべき「こもり本」3選

(出典:https://unsplash.com/photos/8i2fHtStfxk) はじめに 将来を考えるなら『ザ・コーチ』 現在や近い将来を考えるなら『バレットジャーナル』 過去や自分を振り返るなら『insight』

「スジが良い問い」と「スジが悪い問い」を決めるのは何か?

(出典:https://unsplash.com/photos/8xAA0f9yQnE) なぜこの記事を書こうと思ったか? 結論:「ワクワク度」×「具体度」が問いの質を決める 問いの良し悪しを決める2つの軸 スジが良い問いは「発想」を促す ①「イライラ×具体的」な問い 他人の時間を奪う質…

スライド作りのコツをスライドで語る【総まとめ】

(出典:https://unsplash.com/photos/Ij7h-m4nJ18) ここでは、『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』での学びも活かしながら、資料作りのコツについて、実際に「パワーポイントのスライド」を使って解説しています。 意外にも本シリーズについて好…

「仕方がない属人化」と「イケてない属人化」

(出典:https://unsplash.com/photos/iwv55-_cbpU) 今回は、コンサルとして幾つか現場を見てきた経験と、ビジネス書で得た知識を使って、「属人化」について思考実験してみます。 「属人的」と「専門的」はどう違うのか? どうやら「仕方がない属人化」と…

ビズペラの「5つの約束」

(https://publicdomainq.net/library-bookshelf-kth-0037498/)の写真を加工 大変ありがたいことに、最近はたくさんの読者の方に本ブログを閲覧いただいています。 そこで、次の2点の目的のもと、改めて「読者の皆様への5つの約束」を宣言させていただけれ…

それ、本当に「要約」といえますか?

(出典:https://unsplash.com/photos/VBPzRgd7gfc) 最近「要約」と検索して出てくる記事を読んでいて、率直に抱いた感想。 「"はじめに"と第1章あたりの太字を抜き出しただけやん」 「本の全体像や骨子がわからん」 「要点同士の繋がりがわからん」 「その…

紙1枚にまとめきれなかった3冊の良書たち

はじめに 『企業参謀』大前 研一 『意思決定のための「分析の技術」』後 正武 『「ミライの兆し」の見つけ方』御立 尚資

スライド作りのコツをスライドで語る【点検編】

ここでは、『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』での学びも活かしながら、スライド作りのコツについて、文章を使わず、スライドで語ってみます。

スライド作りのコツをスライドで語る【視覚化編】

ここでは、『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』での学びも活かしながら、スライド作りのコツについて、文章を使わず、スライドで語ってみます。

スライド作りのコツをスライドで語る【ストーリー作り編】

ここでは、『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』での学びも活かしながら、スライド作りのコツについて、文章を使わず、スライドで語ってみます。

スライド作りのコツをスライドで語る【目的編】

ここでは、『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』での学びも活かしながら、スライド作りのコツについて、文章を使わず、スライドで語ってみます。

【コラム】『天才を殺す凡人』vs『劣化するオッサン社会の処方箋』

はじめに 『天才を殺す凡人』 『劣化するオッサン社会の処方箋』 2冊の共通点 はじめに 私が今年読んだ本の中で秀逸だったこの2冊。 今回は『天才を殺す凡人』と『劣化するオッサン社会の処方箋』の魅力に迫ってみます。 まず面白いのが、著者のお二人の経歴…

ビジネス書の良し悪しを見抜く「2つの軸」とは?

(出典:https://unsplash.com/photos/6ywyo2qtaZ8) 先日『ここ最近50冊読んでみて断トツでオススメしたい本3選』という記事で、オススメ本をご紹介しました。 4-8月の5か月間で、約50冊のビジネス書を記事にしてきたわけですが… 実は50冊紹介するまで、だ…

注目記事