スキルセット 書評 速く考える

書評『ガチ速仕事術』すべての仕事が2分の1の時間で終わる?

以前、コンサル会社の新卒研修の最終日に、こんなことを教わりました。

思考力も知見も劣る君たちが、いきなり現場で付加価値を出すのは難しいだろう。

そんな中、1つだけ、クライアントや仲間の期待値を上回る方法がある。

それは「スピードを上げること」だ。

品質は悪くても、早く上司に「この資料をレビューしてください」と依頼することは可能だ。

早くチェックポイントを作れば、それだけ改善にかける時間を増やせる。

「スピード」は、君たちが戦うための1番の武器になるだろう。

一言一句、すべて覚えているわけではないですが、当時のメモを見返す限り、こんな内容だったかと。


確かに、この教えは非常に的を射てました。

右も左もわからない新人が、唯一まわりと競えるもの。

それが「スピード」です。


では、どうすれば、その「スピード」を上げることができるのか?

この論点に真正面から答えてくれるのが、今回ご紹介する『すべての仕事を2分の1の時間で終わらせる ガチ速仕事術』です。

Yotubeを更新しました

『ガチ速仕事術』はどんな本?

まずは、『すべての仕事を2分の1の時間で終わらせる ガチ速仕事術』 がどんな本なのかについて。

本書は、皆さまも親しみのある「楽天市場」の元プロデューサー大原 昌人氏が書かれた本です。

しかも、史上最年少でプロデューサーになられたそうで、社内のスピード部門賞も受賞されたとのことでした。


楽天は、私の友人も務めている会社ですので、たびたび話を聞くのですが、

とにかく「起業家マインド」や「圧倒的なスピード」が求められるそうです。

そんな優秀な社員が揃ってる中で、スピード部門賞を受賞されるということは、

おそらく我々が想像するよりも遥かに仕事が速いのでしょう。


大原氏は、現在はクリエイティブカンパニーを起業されて、月間50本以上の案件を高速で回されているとのことでした。

ガチ速仕事術』を書くのに、これ以上ふさわしい方はいないのではないか。

そう思わせる、圧巻の経歴ですね。

すべての仕事を、2分の1の時間で終わらせる方法が、この一冊に

では、『ガチ速仕事術』には、どんなことが書かれているのか?

本書を読む前は、失礼ながら「どうせ、ショートカットキーの使い方とか、そんな小手先のハウツーばかり書かれているんでしょ?」と斜に構えていました。

…が、序章を読んだあたりで、私の認識が誤っているのに気づかされました。


本書では、ハウツーだけでなく、その大前提となる「脳の使い方」「時間の使い方」について深く考察されていました。

今回はその一部を、私の理解も加えつつ、紹介していければと思います。

自分の仕事を速くするために

脳の使い方を変える

本書で何度も語られている方法論があります。

それが、「脳の事前インプット法」です。

これは、脳の中の「無意識」に働いてもらう手法でして、東大の受験生を例に解説がなされていました。

東大受験に合格するような優秀な受験生が、試験のときにやること。

それは、「一番難しい問題から目を通すこと」だそうです。

目を通した後は、一番難しい問題は脇に置いておいて、まず簡単な問題を解き始めると。

で、簡単な問題を解いている間に、「無意識くん」には一番難しい問題を考えさせておく。

すると、いざ一番難しい問題を解き始めると、「無意識くん」が事前に情報や解き方を整理してくれているので、スラスラ解けてしまう。

こんな理屈ですね。


これ、実は他の名著でも指摘されている方法なんですね。

以前、『アイデアのつくり方』という本をご紹介しましたが、

実はこの本でも「無意識に考えさせる方法」について指摘されています。

もし気になる方がいらっしゃれば、以下の書評もぜひ。

【書評】『アイデアのつくり方』ジェームスW.ヤング


以上ご紹介した「脳の事前インプット法」は、仕事にも応用できます。

例えば、一日のはじめに、やることを箇条書きで視覚化しておきます。

そして「無意識くん」に「今日やることは、これとこれとこれだよ」とインプットするわけですね。

こうすることで、簡単な作業をやっている間、難しい作業については「無意識くん」に考えておいてもらう。

こんな脳の使い方ができるようになります。

画期的な方法ですよね。

時間の使い方を変える

加えて、「時間の使い方」について触れられていました。

特に私が印象に残ったのは、次の3つ。

  1. 通勤時間や仕事前の時間に、スマホを見ない
  2. 昼寝10分で脳をリセット
  3. 50分集中→休憩→50分集中…を繰り返す

まず1つ目の、通勤時間や仕事前の時間に、スマホを見ないこと。

これは、スマホを眺めてしまうと、判断力を消費してしまうから、だそうです。

スマホをいじると、「どのアプリを開こうか?」「どのニュースを見ようか?」と、次々と判断が求められます。

人間はどうしても、1つひとつの判断にエネルギーを使ってしまうんですよね。

すると、仕事が始まる前に、貴重な判断力を使い切ってしまいます。

そうならないように、仕事前はスマホを見ずに、判断力を温存する。

これが、賢い時間の使い方といえるでしょう。


次に2つ目は、昼寝を10分して、脳をリセットする。

実は、昼寝10分は、夜の睡眠4時間分に匹敵するそうです。

「うそだ」と思う方、やるのはタダですので、1度やってみてください。

ビックリするくらい、脳みそがリセットされます。

こればかりは、実際にやってみてもらう方が、一番伝わるかと。


そして3つ目は、50分集中→休憩→50分集中を繰り返すという方法。

出社をすると、どうしても50分に1回休憩をしていると、周囲から「あいつ、仕事してないんじゃ」と疑われる可能性がありますよね。

ただ、最近はリモートワークの機会が増えてきましたので、一目を気にせず休憩ができるようになってきました。

そこで、試しに50分に1回休憩をはさむようにしてみました。

どんなに仕事がノリに乗っているときも、50分経過したら休憩をする…それくらい徹底してみました。

すると、これまた、自分でも実感できるくらい、仕事の効率が上がりました。

何というか、ノリに乗っている時間をずっとキープできる、そんな感覚ですかね。

相手の仕事を速くするために

ここまで「自分の仕事を速くする方法」を述べてきました。

ただ、仕事というのは、周りに動いてもらってなんぼ。

そうすると、どうしても「他人の仕事のスピード」が、自分の仕事にも大きく影響します。

だからこそ、相手の仕事をいかに速くするかが重要な論点となってきます。

ここでも、特に印象的だったポイントを3つ。

  1. 事前の「頭出し連絡」で、相手の「無意識」を使う
  2. 2案以上用意する
  3. 期限を必ず設定する

1つ目は、「頭出し連絡」です。

例えば、会議であれば、前日なんかにアジェンダを参加者に通知する。

あるいは、上司に何かを依頼するときは、いきなりメールや資料を送るのではなく、口頭で頭出しをしておく。

そうすると、自分が依頼しようと思っていることを、相手の脳の中の「無意識くん」にインプットできます。

「無意識くん」の力は、冒頭から何度もお伝えしている通りで、非常に強力です。

誰かに仕事をお願いするときは「可能であれば、頭出しをしておく」、これが鉄則かもしれません。


一方で、相手が忙しければ忙しいほど、頭出しをできるチャンスは少なくなります。

そんなときでも、相手にすぐ「OK」と言ってもらうための方法があります。

それが2つ目、「案を2つ以上用意する」という方法ですね。

人間は、「選択肢の中から選ぶ」ことで、納得感を高めていきます。

選択の科学』でも同様のことが述べられていましたね。

わたしは自分の人生を、すでに定められたもの、両親の意向に沿ったものとして考えることもできた。また自分の失明と父の死に折り合いをつける一つの方法として、それを自分の意思を超えた、思いがけないできごとの重なりと見なすこともできた。しかし、自分の人生を「選択」という次元で、つまり自分に可能なこと、実現できることという次元でとらえた方が、はるかに明るい展望が開けるように思われたのだ。

多くの人が、選択という言語の文脈のなかでものごとを理解し、語ろうとする。

『選択の科学』p12

このことは、仕事で何かを提案するときも同じです。

1案しか持っていかないと、いくつかダメ出しをくらってしまう可能性がある。

でも2案あれば、自分が持っていきたい案ですんなりと合意が取れることがある。

仕事を自分のペースで進めるうえで、この「2案戦法」も欠かせない武器になってきそうです。


最後に3つ目は、期限を必ず設定すること。

「期限を設定すること」の大切さは、以下の記事でも散々述べたので、詳細は割愛しますね。

【コラム】その依頼の仕方で、本当に相手は動いてくれますか?


以上、本書の感想をつらつらと書いてきましたが、1枚にまとめると、次の図のように整理できます。

仕事を爆速にする方法がたったの1000円ちょっとで手に入る。

またしても、お得な本と出会うことができました。

-スキルセット, 書評, 速く考える

© 2022 BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで