BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわからない!?】『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』八木 仁平

f:id:logichan:20200530122857p:plain

(出典:https://www.jimpei.net/sekaayri-syohyou

この本で解ける疑問は?

  • いつまでたっても解放されない「自分探しゲーム」から解放されるためには?
  • 就職でも転職でも起業でも使える、「自己理解メソッドの決定版」はないの?


https://www.amazon.co.jp/dp/4046044357

 

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』って?

本書を読んだ感想は、この一言に尽きます。

「数年間血眼になって探していた探し物がようやく見つかりました」

 

大学生の就活時代から今に至るまで、次のような悶々とした気持ちを抱いていました。

  • どうすれば自己理解を深めることができるのか?
  • 「この1冊さえ読めばOK」と言える、決定版は無いものか?

しかしですよ、今回ついに、待ちに待った決定版と出会うことができました。

それが本書『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』です。

どこがどのように魅力的な本なのか、余すことなく語っていこうと思います。

 

まずは本書の「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20200530123401p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

  • 重要な公式その1:好きなこと(情熱)×得意なこと(才能)=やりたいこと
    「やりたいこと」とは、「好きなことを得意なやり方でやること」を意味する。
  • 重要な公式その2:好きなこと(情熱)×得意なこと(才能)×大事なこと(価値観)=本当にやりたいこと
    働き方を決めるうえで最も大事な要素が、この「大事なこと(価値観)」。「やりたいこと」をしているときに「大事なこと」も満たすことができると、「これが本当にやりたいことだ!」と思えて熱中できるようになる。
  • この公式を解くためには、第1段階として「大事なこと(価値観)」を特定する必要がある。具体的には次の5つのステップを踏むとよい。
    ①質問に答えて価値観キーワードをリストアップする
    ②価値観をマインドマップにまとめる
    ③他人軸な価値観を、自分軸に転換する
    ④価値観ランキングを作る
    ⑤仕事の目的を決める
  • 次に、第2段階として「得意なこと(才能)」を抽出する。具体的には、本書で述べられている5つの質問に答えてみるとよい。2つだけ紹介すると、下記2点である。
    ①これまでの人生で充実していた体験は?
    ②最近イラっとした、もしくは心がザワザワしたのは?
  • そして第3段階として「好きなこと(情熱)」を明らかにする。具体的には本書で述べられている5つの質問に答えてみるとよい。2つだけ紹介すると、下記2点である。
    ①今お金を払ってでも勉強したいことはありますか?
    ②本棚にはどんなジャンルほ本が眠っていますか?
  • 以上の3段階を経て浮き彫りになった「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」を整理することで、「本当にやりたいこと」を抽出することができる。

いかがでしたでしょうか。

この記事のタイトル通り、この「ペライチ」だけではとても魅力を伝えきるのが難しい…それくらいボリュームが大きい、かつシンプルな本でした。

個人的には、現時点で「最もオススメしたい自己理解本」です。

なぜならば、次の3つの魅力があるからです。

  • 平易な表現で読みやすい
  • 自己理解のメソッドが体系的にまとめられている
  • 再現性がこの上なく高い

是非読んでみてください!

学び

試しに軽くやってみた

本書のメソッドを少し試してみました。

それが下記の図表です。

f:id:logichan:20200530132008p:plain

大事なこと(価値観)

私にとって何より大切なのは、頑張りたい人の「有意義に使える時間」を増やすことです。

裏を返すと、頑張っている人が「無駄の多い定常業務」などに時間を費やして苦しんでいる姿が何より許せません。

  • 人生の時間が限られている中、優秀な人がなぜそんな「枝葉の仕事」に時間を使わなければならないのか?
  • なぜこんな読みにくいメールや資料の読解に時間を割かなくてはいけないのか?

…こんなことに怒りを覚えやすいんですよね。

得意なこと(才能)

昔から理屈っぽくてせっかちな性格なのもあって

  • 構造化
  • 端的に伝える
  • わかりやすく可視化する
  • 時間を区切ってクイックに物事を進める

…といったことが得意です。

好きなこと(情熱)

好きなことはこんな感じです。

  • ビジネス書
  • 漫画(特にキングダム)
  • ボードゲーム
  • お酒(特に赤ワインと日本酒)

共通項が少ないですね。

これらのことには時間を忘れて没頭することができます。

好きなこと×得意なこと×大事なこと=本当にやりたいことは?

全てを掛け合わせると、「ビジネス書の魅力をわかりやすく伝えること」が本当にやりたいことなんだなと、改めて実感しました。

少しでも「良いビジネス書と出会う手間を減らしたい」と思いながら、このブログを書いています。

好き×得意×大事…と全てが重なりあっているので、時間を忘れて没頭できるんですよね。

(まあ、まだまだ趣味の領域を出ませんが…)

 

…と、見てきましたが、まだまだ分析が薄い気がするので、まずは本書のワークシートを全部埋めてみようかと思います。

 


https://www.amazon.co.jp/dp/4046044357