BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『科学的な適職』鈴木 祐

f:id:logichan:20191213134329j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 後悔の少ない意思決定をするためにはどうしたら良いのか?
  • 私たちに本当の喜びをもたらす働き方とは何か?
  • 「人生の選択」という正解のない悩みにどうやって答えを出せばいいのか?


https://www.amazon.co.jp/dp/4295403741

 

『科学的な適職』って?

「自分に適した職とは?」

おそらくすべての社会人が、この問いの答えを知りたがっているはずです。

しかしながら、不思議ですよね。

他人にはフラットにアドバイスできている"つもり"でも、いざ自分事となると、一気に強いバイアス働いてしまう。

もっとも、「自分の中のバイアス」の存在にすら気づけないケースが大半ですが・・・

そのバイアスの結果、職業選択に失敗してしまう。

「こんなはずではなかった」と。

 

ではどうすれば「こんなはずではなかった問題」を解消することができるのでしょうか?

この問いに、4021の研究データを使って答えを導いた本が出版されましたので、ご紹介します。

本のタイトルは『科学的な適職』。

まずは本書を要約した「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20191213134146p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を要約すると、次のことが書かれていました。

  • 本書のゴールは「仕事選びにおける意思決定の精度を高め、正しいキャリアを選び取る確率を上げ、最終的に"人生の後悔"を限界まで減らすこと」である。
    このゴールを達成すべく、複数のデータから「幸福な仕事選び」に役立つ可能性の高いテクニックを抜き出し、5つのステップに体系化したものがある。
    それが、「幻想から覚める」「未来を広げる」「悪を取り除く」「歪みに気づく」「やりがいを再構築する」の5ステップである。
  • 「幻想から覚める」については、仕事選びにおける7つの大罪に気づく必要がある。7つの大罪とは、1)好きを仕事にする、2)給料の多さで選ぶ、3)業界や職種で選ぶ、4)仕事の楽さで選ぶ、5)性格テストで選ぶ、6)直感で選ぶ、7)適性に合った仕事を求める、の7つである。
  • 「未来を広げる」については、仕事の幸福度を決める7つの徳目に自覚的になる必要がある。1)【自由】その仕事に裁量権はあるか?、2)【達成】前進している感覚は得られるか?、3)【焦点】モチベーションタイプに合っているか?、4)【明確】ミッションやビジョンは明確か?、5)【多様】仕事にバリエーションはあるか?、6)【仲間】組織内に助けてくれる仲間はいるか?、7)【貢献】どれだけ世の中の役に立つか?の7つのチェックポイントを確認するとよい。
  • 「悪を取り除く」については、最悪の職場に共通する8つの悪を取り除いていく。1)ワークライフバランスの崩壊、2)雇用が不安定、3)長時間労働、4)シフトワーク、5)仕事のコントロール権がない、6)ソーシャルサポートがない、7)組織内に不公平が多い、8)長時間通勤の8つである。この8つを取り除くか、取り除けない場合は、転職を視野に入れる。
  • 「歪みに気づく」については、バイアスを取り除くための4つの方法を駆使する。
    1つ目は「10・10・10テスト」である。「この選択をしたら、10分後・10か月後・10年後にはどう感じるか?」を考える。
    2つ目は「プレモータム」である。①敗北の想定、②原因の探索、③過程の想起、④対策の考察の流れで、失敗したときのシミュレーションを入念に行う。
    3つ目は「イリイスト転職ノート」である。1日15分~自分がその日行った「職選びに関する意思決定」の内容を3人称で書いていく。
    4つ目は「友人に頼る」である。「360度フィードバック、クローズドクエスチョン、脳内の友人と会話」を活用する。
  • 「やりがいを再構築する」については、人生の満足度を高める7つの計画がある。
    1)ビフォースケッチ、2)ビフォースケッチの省察、3)動機と嗜好のピックアップ、4)課題クラフティング、5)関係性クラフティング、6)認知クラフティング、7)アクションプランの7つである。

いかがでしたでしょうか。

筆者の言い回しを見て見るとわかりますが、「バイアスをなるべく取り除いて、客観的に語ろう」とする姿勢が浮彫になってくる文章です。

世界の著名な研究者の論文やデータが、実に適切に、絶妙に紹介されています。

何より驚くべき点は、世界の研究者のバラバラの意見を、1つの体系、1つのストーリーとしてまとめあげているところです。

相当な読解力と構造化力がないと、このような本は書けません。

筆者の力量には感服いたします。

学び

「やってみて考えるスタンス」とのバランスが大事

本書は、「人生やキャリアの節目におけるチェックリスト」として大いに活用できます。

実に網羅的に、キャリア選びの論点が記されています。

 

しかし、この「チェックリスト」を正確に埋めることができるタイミングは、やっぱり「転職した後」であり「やってみた後」なわけです。

「やってみる前」から、チェックリストを完璧に埋めようと思っても、到底無理な話です。

仮にそれなりにチェックリストを埋めてから転職したとしても、マクロ環境の変化で、チェックリストの答えが変わるかもしれません。

 

以上を踏まえると、「チェックリストが6割くらい埋まったら、とりあえずスタートしてみるスタンス」が大事なんだと思います。

 

私も今年、「人生最初の転職」をしました。

「最初の転職」を意思決定する前は、かなり慎重になりました。

しかし、一度意思決定をしてしまうと、不思議なものです。

いわゆる「初体験のハードル」を超えた後は、見える世界が変わってきます。

 

私の場合は、転職を機に「土俵感」を気にするようになりました。

  • 自分の土俵と違うフィールドが強いられたら、潔くそのゲームから降りる
    =キャリアチェンジする
  • 自分の土俵上で激しい戦いが強いられたら、歯を食いしばって意地でもそのゲームで勝つ
    =キャリアチェンジしない

好き嫌いがハッキリしているタイプだと、この「土俵感」にしたがって意思決定していくと、余計なストレスなくキャリアを設計できるように思えます。


https://www.amazon.co.jp/dp/4295403741