BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『最強のエンジニアになるための話し方の教科書』亀山 雅司

f:id:logichan:20190627185550j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 「正しいこと」をわかりやすく伝えているのに、納得されないのはどうして?
  • 「相手の立場で考える」ができない…どうすれば?
  • 約束したのに実行されないことが多いのはどうして?

 

『最強のエンジニアになるための話し方の教科書』って?

コミュニケーション力。

「今も、将来も重要なスキルは何ですか?3つ挙げてください」と問われて、このスキルを挙げない人の方が少ないでしょう。

一方で、これは私が苦手とするスキル筆頭でもあります。

文章を書いたり、資料を作ったりしているときは、思考も作業もサクサク進むのだが…
人との対話となった瞬間に「頭が真っ白」になるときが何回かあります。

今回はそんな「コミュニケーション」の本を読みましたので、共有いたします。

 

私は、新卒入社後数年はIT領域のコンサルティングをメインとしていましたので、何となく「エンジニア的な考え方をしているな」と自覚しています。

となると、「エンジニア×コミュ障の人向け」の本が自分にはハマるのでは?
…そんな仮説を持って、本書『最強のエンジニアになるための話し方の教科書』を手に取ってみました。

まずは本書の「ペライチ」を見ていきましょう。

※画像をクリックすると、PDF版が開きます。

f:id:logichan:20190627192244p:plain

  • 実にたくさんのTipsが、「準備編」「聞く編」「話す編」と段階的に紹介されている
  • エンジニアの方々が、「それ、あるある!」と共感できる、豊富な具体例と共に紹介されている

…こんな特徴を持った本です。

どのTipsも具体的で、十把一絡げに「要はこれです」と要約するのも勿体ないような内容です。
あえてエッセンスを抽出すると、次のことが書かれていました。

  • ラポール(伝える力)×技術力=最強のエンジニアである。技術力が高くても、ラポールがゼロであれば、パフォーマンスもゼロである。
  • 大事なのは「この人は仲間だ、心を許せる、と思ってもらうことが何よりも先」「正しさに固執しない」「双方満足な合意に重きを置く」ということ。

個人的には、「徹底的にエンジニアに寄り添った、リアルな具体例」が一番刺さりました。

 

学び

このビジネス書を通して、次の思考実験ができました。

「コミュニケーションが苦手」について科学してみた

お恥ずかしながら最近まで、思考停止したかの如く、「コミュニケーションが苦手」だと連呼しておりました。

しかし、大事なのは「コミュニケーションが苦手」と思考停止するのではなく、「コミュニケーションの、どの部分が苦手なのか」を明らかにすることです。

遅ればせながら、本書を通して「コミュニケーションとは、そもそも、どのような構成要素で成り立っているのだろう?」と考えることができました。

ということで、ありきたりですが、次のように分解してみました。

f:id:logichan:20190627212419p:plain

  • 「聴く」と「伝える」
  • 「言語」と「非言語」

…この2軸で、概ね抜け漏れは防げるでしょう。

次に、「どの部分が苦手か?」について考えた結果がこちら。

f:id:logichan:20190627212739p:plain

こうマッピングすると、「如何に非言語コミュニケーションが苦手か」が浮彫になって、少し恥ずかしい気持ちです。

とりわけ「真意をくみ取る」が致命的に苦手なので、早急に手を打ちたいところです。

まあ、「真意をくみ取る」もまた「ビッグワード」なわけでして…
「真意をくみ取るとは?」が次の論点ですかね。

「真意をくみ取る」については、おそらく先日ご紹介した『能力を磨く』にヒントがあるだろうと踏んでいます。

能力を磨く』に書かれていた「対人的能力を磨くトレーニング」を試してみると、何かわかってきそうです。

 

話しは逸れますが、こんな風に「前に読んだ本と、今回読んだ本が繋がった感覚」が何とも快感なんですよね、
だから、ビジネス書の読書は止められない。

「ビジネス書同士の繋がり」についても皆さんにご紹介できるよう、思考力と筆力を磨いていきますので、引き続き御贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

明日から取れるアクション1つ

  • 能力を磨く』に書かれていた対人的能力を磨くトレーニングを試しつつ、「真意をくみ取るとは、どういうことか?」の問いに答えてみる