BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。

【書評】『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』古賀 史健

f:id:logichan:20210411184513p:plain

この本で解ける疑問は?

  • ライターとは、ライティングとは何なのか?
  • 文章を書くうえでの原理原則は何か?

 

『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』とは

まず結論から申し上げますと、「今年読んだなかで、最も学びが深い本」でした。

いつもは一冊を45分、どんなに長くかかっても3時間くらいで読み終えます。

しかし、この『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』は、週末を丸ごと使って読むことになりました。

なぜこんなにも、読むのに時間がかかったのか?

なにも難解な内容だったからではありません。いたって平易に表現されているので、誰でも理解できるはずです。

では、ページ数が480ページに及んだからか?

それも違います。

読むのに時間がかかった理由、それは何度も自分と対話することになったからです。

この本には、自分との対話を強いる、不思議な力があります。

では、本書のどこにそんな魅力があるのか?

ここを語るためには、本書のメインとなる問い「ライターとは何か?」に触れなければなりません。

この本では「ライター」を次のように定義しています。

ライターとは、「取材者」である。

そして取材者にとっての原稿とは、「返事」である。

取材者であるわれわれは、「返事としてのコンテンツ」をつくっている。

p35

 

なるほど。

では私は、この書評を通して「筆者への返事」を書かなければなりません。

「本書で語られていることを、私はこのように理解しました」

「なぜ本書には、これが書かれていないのでしょうか?」

今回の書評はいつもとテイストを変えて、「筆者に向けた手紙」のように書いてみたいと思います。

何が「書かれている」のか

480ページに及ぶ本書の全体像を、私は次のように理解しました。

f:id:logichan:20210411190316p:plain

 

「書く」とは、「取材・執筆・推敲」の3つで成り立っている。

取材のポイント

  • 読む
    一冊の本のように「世界」を読むところから始める
  • きく
    会話の主導権を相手に渡して、相手のことを知るために聴きながら訊く
  • 調べ、考える
    自分のことばで説明できるレベルになるまで、前取材/本取材/後取材を徹底する

執筆のポイント

  • 説得から納得の文章へ
    読者と課題を共有するために、起承転結でなく「起転承結」で書く
  • 構成を考える
    「何をどんな順番で書くか」「何を書かないか」を、絵本思考をつかって決める
  • 原稿のスタイルを知る
    本/インタビュー/対談/エッセイそれぞれの特徴を知り、ジャンルよりもスタイルを確立する
  • 原稿をつくる
    原稿に必要な3要素であるリズム/レトリック/ストーリーを磨き上げる

推敲のポイント

  • 推敲とは自分への取材
    赤の他人として、音読/異読/ペン読で容赦なくダメ出しをする
  • 書き上げる
    「これは本当に自分が書いたのか?」と思える姿になったとき、原稿は書き上がる

 

以上のエッセンスのなかでも、特に私の心に刺さったのは、本書で繰り返し述べられている次の一文です。

「書かれたことではなく、書かれなかったことを考える」

読むときは、「なぜこう書いたのか?」の一歩先を考える。「なぜこう書かなかったのか?」まで問うことが大事。

書くときは、「なぜこう書いたのか?」だけでなく「なぜこれは書かないのか?」も同時に考える必要がある。

この考え方を知ったとき、身体中に衝撃が走りました。

「ああ、自分はいままで、なんと浅い読み方をしていたのか…」と。

なので、今回は「本書に書かれなかったこと」にも着目してみました。

何が「書かれていない」のか

取材・執筆・推敲 書く人の教科書』には、他の本に書いてありそうなことが書いてありません。それが、次の3つです。

  1. 何をテーマに書けばよいのか?
  2. 良い文章の条件は何か?
  3. どうすれば読みやすい文章が書けるのか?

おそらく、古賀さんは意図的にこの3つを「書かない」と判断したはずです。

では、なぜ書かなかったのか?

私なりに考えてみました。

①何をテーマに書けばよいのか?

文章をどう書くかも大事ですが、それと同じくらい「何を書くか」も大事です。

では、どうやって「何を書くか」を決めるのか?

そのためには、〇〇という方法論を使いましょう。

…と、このようなことが、他の「文章を書くための本」には書いてあります。

しかし、本書には「何をテーマに書けばよいのか?」は書かれていません。

人によっては「文章を書くための本としては致命的じゃないか!」と思うでしょう。

 

では、なぜ古賀さんは「何をテーマに書けばよいのか?」を語っていないのか?

それは「テーマやジャンルは、いずれ廃れていくから」です。

例えば、いま注目されているテーマの1つに「仮想通貨」があります。

しかし、仮想通貨が10年後も20年後も注目されている保証はどこにもありません。

一方で、インタビューやエッセイなどの「書くスタイル」は、10年後も残っている可能性が高いです。

「どんなテーマであっても、インタビューするのは得意です」と言い切れるように、「書くスタイル」で勝負できる方が、ライターとして長く活躍できる。

だから、「何をテーマに書けばよいのか?」よりも「どう書けばよいのか?」が書かれている。

ここに、「ライターに長く活躍してほしい」という、古賀さんの優しさや想いが詰まっているんだな、と読み取りました。

②良い文章の条件は何か?

良い文章の条件は何か?

これも、いろいろな文章術系の本に書かれている論点です。

しかし、『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』には書かれていない。なぜなのか?

仮説ですが、それは「取材においては、良い文章を意識しすぎると、予定調和的な内容に仕上がってしまい、つまらなくなってしまうから」ではないでしょうか。

順を追って説明します。

まず、良い文章かどうかは、誰が決めるのか?

それは「読者」が決めるはずです。

一方、取材とは何か?

それは、「対象(人やもの)に対して、読む・聴(訊)く・調べること」です。

では、良い文章を書くために、「読者が知りたいことを意識しすぎた状態」で取材に挑むとどうなるか?

おそらく、読者が知りたいことを訊きだすのに夢中になってしまうはず。

例えばインタビューをするときに、読者が知りたいことを質問することに集中してしまう。

すると、インタビューの会話が脱線したときに生まれる「偶発的な気づき」に出会いにくくなってしまいます。

ここで、本書のスタンスに立ち返ります。

本書における取材の主役は、読者ではなく「取材の対象」のはずです。

「取材の対象」のありのままを捉え、翻訳して伝えること。

これこそが原理原則なんですよね。

だからこそ、古賀さんは「良い文章とは何か?」を直接的に語ることを避けたんだと思います。

③どうすれば読みやすい文章が書けるのか?

本書のタイトルにある「書く人の教科書」。

これを見たとき、おそらくほとんどの読者は「きっと素晴らしい文章術が書かれている」と期待したはずです。

しかし、この本には文章術はあまり書かれていません。

本書でも繰り返し「文章術については、あまり書くつもりはありません」と記されています。

これは、なぜなのでしょうか?

 

理由は2つ。

1つ目は、古賀さんが書かれているように、文章術を学ぶ前に考えるべきことがたくさんあるからです。

  • 文章を書く以前に、まず「論を組み立てる」必要がある
  • 書き方は、本/エッセイ/コラムなどのスタイルによって大きくかわる。文章の表現を考えるのは、スタイルの特徴をおさえた後の話

2つ目は、本書を読んでいけば、おのずと「文章の書き方」がわかるからです。

  • 一文を短くする
  • 「という」「~こと」などの冗長な表現を避ける
  • 最低限の接続詞を使用する
  • 文章は「見た目」も大事
  • 比喩やたとえ話をなるべく使う

…など、文章術の本に書かれている技術のほとんどが反映されています。

実は、本書を読んでいる時点で、文章術も学んでいることになるわけです。

これはなかなか盲点でしたが、意識して読んでみると、これ以上ないくらい「文章術の学び」を得ることができました。

 

以上のようなたくさんの学びを与えてくださり、ありがとうございました。

さいごに

…と、ここまで、筆者の古賀氏に向けた「返事」を意識して書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、本書は「今年読んだなかで、最も学びが深い本」でした。

「書くこと」に少しでも関心をお持ちの方に、強く強く心の底からオススメしたい一冊です。

注目記事