BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【厳選3冊】これを読めば、毎日振り返る習慣が身につきます

f:id:logichan:20200528065918p:plain

 

この記事では、どんな悩みが解決できるの?

毎日振り返る習慣をつけたいのに…

「でも、振り返りが中々続かない」

「自分に合った振り返りの方法がわからない」

こうした悩みを解決すべく、3冊ピックアップしてみました。

ところで、どんな基準で本を選んでるの?

「何となくの感覚で選んでるんじゃないの?」

…そんなことはありません。

年間300冊読む中で培ってきた「良書のモノサシ」を使っていますので、ご安心ください。

シンプルに言うと、「わかりやすさ×深さ」の2軸が優れた本を選んでいます。

…と言葉にすると簡単ですが、この「わかりやすさ×深さ」…実は毎回具体的なチェックリストを使いながら判定しています。

もし、この「良書を見抜くチェックリスト」が気になった方は、下記の記事も是非ご覧ください。

『初速思考』金田 博之


https://www.amazon.co.jp/dp/4534050887

まずは、ハードル低く、スモールステップで振り返りをスタートしたい方にお勧めしたいのがこの本。

誰でもあっという間に「振り返りの達人」になれるメソッドが紹介されています。

それは…「1行日記」です。

その日あった学びや気づきを「1行」で書き記す。これだけです。

 

この「1行」が実に肝心でして、次のようなメリットがあります。

  • 1行だから、どんなに振り返りが苦手な人でも、負担なく続けられる
  • 1行だから、学びや気づきを覚えやすい
  • 1行だから、書き記すときに「ギュッと要約する力」が自然と身につく

私もコンサル新卒1年目時代からずっと続けていますが、1行日記に何度も何度も助けられてきました。

これまで何度も振り返りを断念されてきた方、必読です。

『ミーニング・ノート』山田 智恵


https://www.amazon.co.jp/dp/4903628396

この本も実にユニークな振り返りメソッドを提供してくれます。

「1日3つ、出会ったチャンスを書き出す」…これまたシンプルな方法です。

この本の一番の魅力は「意味づけ力」が身につく点です。

 

実は意外と、毎日毎日「機会を3つ書き出す」のは難しいものです。

些細な出来事も出来事として終わらせるのではなく、「機会」と捉える必要があるからです。

機会と捉えるためには、出来事を機会に変換するための「意味づけ力」が求められますよね。

この本の本質的な価値は、この「意味づけ力の強化」にあるんだと思います。

『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』ライダー・キャロル


https://www.amazon.co.jp/dp/4478102678

最後の1冊は「本格的に振り返りをスタートしたい方」向けです。

この本では、

  • 数年単位
  • 数か月単位
  • 1日単位

…と、あらゆる時間軸で振り返りを書いていきます。

中でもユニークなのが「フューチャーログ」です。

「未来の日記」を先に書いてしまうんですね。

何とも型破りな方法です。

この「未来の日記」を様々な時間軸で書いておいて、実際のその通りのアクションが取れたかどうかを振り返る…この効果は絶大なんですね。

私もいつかこのレベルの振り返りができるよう、鋭意奮闘中です。

あるべき振り返りの姿として、まず一読してみることをオススメします。