ナレッジセット 書評 起業

【書評】『起業は意志が10割』守屋 実

企業内起業が17件

独立起業が21件

週末起業が14件

合計52の事業を立ち上げた守屋氏。

「起業・新規事業」の本を書くにあたり、守屋氏以上に適任の人物はいないのではないでしょうか。

そんな筆者が、ついに起業の本を出版されました。

タイトルは『起業は意志が10割』。

https://amzn.to/3z686wI

ぶっちゃけ話を申し上げると、表紙だけを見たときの第一印象は決して良くはなく、

「意志が10割って。結局は気合や根性!みたいな精神論ですか?」

と失礼ながら思ってしまいました。

しかし、本書を読んでいくうちに「起業は意志が10割」の本当の意味を思い知らされることになります。

第1章の途中まで読むとわかりますが、

「起業して勝つための方法論は何か」

「逆に、何をすれば負けるのか」

が生ナマしくリアルに記されています。

「起業は意志が10割」と書かれていますが、

経営資源のヒト・モノ・カネすべてについて体系的に整理されてるんですね。

第1章を読み終えたころには「精神論の本だと決めつけてしまって、申し訳ありませんでした」と、誰もがこの本に頭を下げることでしょう。

…と、私の感想ばかり述べてしまったので、本書で特に印象に残った具体的なポイントを2つご紹介します。

イシ・コト・ヒト・カネの5つのステップ

1つ目は、p53に記されていた「イシ・コト・ヒト・カネの5つのステップ」です。

f:id:logichan:20210604161755j:plain

経営資源であるヒト・コト・カネに加えて、筆者は「イシ」を加えて整理をしています。

まず、起業のはじまりは「10割のイシ」であると。

たしかに、いくら儲かるネタを見つけたとしても、「イシ」がない限り、継続して戦いぬくことはできません。

比較するのもおこがましいですが、「記事を書くこと」だって同じです。

いくら「SEO的に大量アクセスが見込めるネタ」があったとしても、「このネタを書きたい」というイシがない限り、2-3記事書いてギブアップしてしまうでしょう。

では「イシ」だけでよいかというと、そんなことはありません。

イシを具体的に実現するうえでのコト=戦略が必要です。

コトを大きくするために、ヒト=仲間を集めなくてはなりません。

ヒトを食べさせるために、カネ=給料を確保しなければなりません。

こんな風に、起業のステップに応じて、必要な経営資源が増えていきます。

その過程を、実際の起業経験を交えながら、具体的に示してくれるのが、本書の大きな魅力の1つです。

ここまでの話を読んで、たぶん3人に1人くらいの方が

「いやいや、起業経験もないお前が褒めちぎっても、説得力に欠けるぞ」と思っているかもしれません。

ご安心ください。『転職の思考法』『天才を殺す凡人』の著者でもある北野さんも、次のようにコメントされています。

加えてこちらのNoteでは、先ほどの「イシ・コト・ヒト・カネの5つのステップ」について「10万円以上の価値がある」ともコメントされています。

べた褒めです。

https://note.com/kuhga20/n/ne9e5617631fb

起業においても重要な「Why not yet ?」の問い

印象に残ったポイント2つ目は、ビジネスを組み立てるうえでの「問いの立て方」です。

例えば、以下のような問いは、起業を志す人であれば誰でも考えたことがあるでしょう。

  • 顧客が抱えている課題は何なのか?
  • 顧客が抱える課題を解決するためには、どんなサービスを提供すればよいか?

そこに筆者は、次の問いを付け加えます。

  • どうして顧客の課題は解決されないまま放置されていたのか?
  • 上記の課題を解決するサービスがなぜ提供されないままだったのか?

一言でまとめると「Why not yet?(なぜ、まだそうなっているのか)」を問うているわけです。

この問いかけの方法は、以下の記事でも紹介したものですね。

この「Why not yet ?」の問いかけをどのように使い、サービスを組み立てていくのか?

本書はその思考プロセスを、実際に立ち上げた事業の例を用いながら、丁寧に説明してくれます。

他にも、『起業は意志が10割』では

  • 筆者が経験を通して手に入れた「失敗のロジック」
  • 起業家にとっての必須スキル「道徳」「国語」「算数」の正体

なんかも語ってくれています。

52事業分の実践知が、たったの1500円で手に入る。

そんなおそろしい本でした。 

『起業は意志が10割』の本当の意味

以上でご紹介したように、ぱっと読んだ感じ

「起業は意志が10割と書いてあるが、めちゃくちゃ実践的な本じゃないか」

と思いますよね。

しかし、しっかりと方法論が書かれているからこそ

「方法論は揃った。あとは、君の意志次第だ」

と語りかけられている気がします。

よくよく考えれば、本書以外にも

  • やりたいことを見つける本
  • ビジネスのネタをたくさん教えてくれる本
  • ビジネスの勝ち方を教えてくれる本

はたくさんありますよね。

言ってしまえば「方法論」はもう十分すぎるほど与えられているわけです。

となると、あと必要なのは「意志」のみ。

だからこそ、あえて『起業は意志が10割』と言い切っているのでしょう。

筆者からの力強いエールが伝わってきます。

最後に

最後に、個人的な趣味の話。

いろいろとビジネス書を読んでいくうちに、「私にとっての経営の体系図」を日々Updateするのに最近はハマっています。

そして今回『起業は意志が10割』を読むことで、この体系図をさらに進化させることができました。

それが次の図です。

赤字の部分が、新しく『起業は意志が10割』から学んだポイントですね。

f:id:logichan:20210604172801p:plain

とはいえ、まだまだスカスカのキャンバス状態です。

少しずつ充実させていければと思います。

-ナレッジセット, 書評, 起業

© 2021 BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで