BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。

【1枚図解】『「風の時代」に自分を最適化する方法』yuji

f:id:logichan:20201228193627j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 最近話題の「風の時代」って何?
  • コロナ後にはどんな世界が待っている?

https://amzn.to/34OBieg

 

『「風の時代」に自分を最適化する方法』とは?

「風という新時代の幕開け」

「2020年12月22日から、地球は新時代へ」

これを最初に読んだときの率直な感想は「何のこと?どんな論拠?」と、正直?マークで頭がいっぱいでした。

占星術で時代がわかるなんて言われても、占いでしょ?

占いなんて信じられない。

…と、こんなスタンスで終始一貫して読んでいました。

 

占いなんて信じられない。

しかし、「アフターコロナにどういう世界が待っているか」の解説は、面白く、納得のいくものでした。

シンプルに「アフターコロナの時代観を語った本」として面白い。

今回は、そんな変わり種の本『「風の時代」に自分を最適化する方法』をご紹介します。

 

まずは本書を要約した「ペライチ」を見ていきます。

※要約へのこだわりが気になる方はこちらの記事をご覧ください。

f:id:logichan:20201228193849p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

【これまで:土の時代の生き方】

  • 人間関係
    ★「場所と血縁」に由来するもの
    ★生まれや育ちに関係するもの
    ★自分がフィジカル(物理的・肉体的)に絡みがある人
  • 恋愛・結婚
    ★定例や慣習などの「雛形」を重視
    ★恋愛の延長線上に結婚
    ★結婚は安定を得るための型
  • 仕事
    ★勤務場所、給与、仕事内容を重視
    ★特定の人が活躍する
    ★ブラックな職場が散在している
  • お金
    ★買うこと=手に入れること
    ★広いものや高いものが価値がある
  • 消費
    ★物を所有する
    ★Iを満たすための消費・所有
  • 居場所
    ★それぞれの場所は画一化したもの
    ★住まいは慎重に選ぶもの

【これから:風の時代の生き方】

  • 人間関係
    ★「リアルな繋がり」に「デジタルな繋がり」がアドオンされる
    ★自分が心地よいと思える場所
    ★場所や人付き合いが流動化する
  • 恋愛・結婚
    ★自分ファースト、脱雛形
    ★恋愛はエンタメ、結婚は契約
    ★結婚する自由、結婚しない自由
  • 仕事
    ★メインオフィスの場所にはこだわらなくなる
    ★「何を」よりも「誰と」を重視
    ★「過剰に働くこと」がこの世から消えていく
    ★誰でもヒーローになれる
  • お金
    ★買うこと≠手に入れること
    ★特定の繋がりやメンバーシップがないと買えないものが出てくる
    ★お金以外で取引されることが増える
  • 消費
    ★お金を使うこと自体に「ストーリー」「意味・意義」を求める
    ★WEを満たす、WEに貢献するための消費・所有
  • 居場所
    ★村落、町、都市が「擬人化」出来るほどにチャーミングで個性豊かになる
    ★着替えるように衣替えするように居場所を変える

いかがでしたでしょうか。

占星術によると、地球は220年周期で「水の時代→火の時代→土の時代→風の時代」と循環しているそうです。

…この部分は今一つまだ信じられないのですが(笑)

 

しかし、長期的なトレンドとして

  • これまでは、経済・組織・資産・学歴・ブランドが支配していた時代
  • これからは、情報・オリジナリティ・センス・波長が主軸になる時代

…こういった文脈が読み取れる点については同意です。

納得したくないような納得できるような…そんな不思議な一冊でした。

アフターコロナの時代観を捉えたい人にオススメです。

所感

衣替えするように居場所を変える

個人的には、風の時代の要素の中でも、特に魅力に感じた部分はこれでした。

土の時代では、何かと居場所が不自由。

ことあるごとに、なぜか必要でもない「出社」が強制される。

出社が求められるということは、住む場所も自ずと限られてしまう。

もっとひどいケースだと、「来月からあなたは転勤です」などと言われ、住む場所すら他人に決められてしまう。

 

この不自由さにずっとイライラしていたところを、コロナに救われました。

「リモートがメイン、出社はサブ」

ついにここまで来ました。

もう一歩です。

「365日、どこからでも働いてよい。出社するかしないかも自由に選択できる世界」まであと一歩といったところでしょうか。

実現できている企業もすでにいくつかありそうです。

こういった世界が誰の手にも届くようになりますように。


https://amzn.to/34OBieg

注目記事