BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』山口 拓朗

f:id:logichan:20200724154911j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 「で、何が言いたいんだっけ?」と言われないためには?
  • 「簡潔に話して」と言われてもどうすればいいの?

 

『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』って?

コロナ禍に入って、対面でやり取りする時間が減ってきましたよね。

一方で、メールやチャットでのコミュニケーションが増えてきましたね。

文章を読む行為は中々のエネルギーを消耗します。

そんな中、ながーい文章を送ってしまうと、当然読み手は手ひどいダメージを追ってしまいます。

頭が比較的リフレッシュされている月曜の朝はまだ我慢できます。

しかし、疲れてきた木曜の夕方なんかに、長くて冗長で何を言いたいかわからん文章を見たら、さすがにノックアウトされますよね。

…と、そのような問題を解消してくれるのが、本日のテーマ「要約力」です。

文章力の本といえば、この山口 拓朗氏の本が有名です。

その山口氏が今月に新刊を出版されました。

それが今日ご紹介する本『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』です。

 

まずは本書の「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20200724154931p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

  • 要約力とは、「情報のポイントをつかみ、場面に応じて、簡潔かつ論理的にアウトプットする能力のこと」である。
  • 要約には、1)情報収集、2)情報管理、3)情報伝達の3ステップがある。
  • 情報収集のステップ
    >信頼するに足るソース(情報源)を確保する
    >質問を有効に活用する
     *自分自身に「Why」「How」「If」で
      質問を投げかける
     *クローズド・オープンクエスチョンを
      使い分ける
    >メタ認知力を上げて、認知バイアスを防ぐ
    >具体と抽象の行き来を習慣化する
  • 情報整理のステップ
    似たもの同士の情報ごとに整理(グループ分け)する。「大きなグループ分け」から「小さなグループ分け」まで行う
    グループごとに優先順位をつける。優先順位は「聞き手によって重要な順」にする
  • 情報伝達のステップ
    >くどい前置きはしない
    >幹→枝→葉の順番で伝える
    >用件+結論優先型で伝える
     *用件
     *結論
     *理由
     *詳細
    >列挙型で伝える
     *全体像(ポイントの数)
     *1つ目のポイント
     *2つ目のポイント
     *3つ目のポイント
     *まとめ
  • 以上の根底として、究極の要約は「死んでもこれだけは言っておく!」と心得ておくことが重要である。

いかがでしたでしょうか。

個人的に一番心に刺さったのは、究極の要約は「死んでもこれだけは言っておく!」と言えるくらい絞りに絞り込んだメッセージだということです。

ここまでの覚悟を持って、日々要約をできているか?と問われると、まだまだその領域には達することができていません。

久々にドシッとくる本でした。

学び

ちなみに私が考える「要約」とは

私自身は、「要約=要点×約する」だと捉えています。

中でも「要点」を押さえることこそが、何よりも重要だと考えます。

この要点というのは、「要点=問い×答え×根拠」で表現できます。

より具体的に構造を示そうと思うと、以下の図に落ち着きます。

f:id:logichan:20191124093707p:plain

一見すると、今日ご紹介した本と違うようにも見えますが、本質的には同じことを言っているように思います。

 ★詳しくはこちらの記事をご覧ください★

それ、本当に「要約」といえますか? - BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

 

得てして、「要約力」と叫んでいるブログや書籍には、文章をただただ短くすることにフォーカスしているものが散見されます。

しかし、『9割捨てて10倍伝わる「要約力」』でも述べられているように、大事なことは、要点を押さえ、聞き手に応じて優先順位をつけ、幹→枝→葉の順番で話すことです。

肝心な「幹」を外さないためにも、まずは文章を短くすることよりも、「要点」を正確に押さえるところからスタートしたいものです。

自戒の意を込めて、そう思います。