BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

あなたに合った「読書術」の本がわかります

f:id:logichan:20190322174047p:plain

(出典:https://www.freepik.com/premium-photo/illustration-opportunities-turning-point-be-change-subway_4021219.htm

いよいよ、あと1週間で新年度を迎えますね。

次のような「新年度を機に…」という意気込みを持った方も、少なくないのでは?

  • 新年度を機に、学び直したい
  • 新年度を機に、読書を習慣にしたい

そう意気込むあなたの背中を後押ししたく、あなたの志向に合った「読書術」の本をご紹介します。

 

「合っているかどうか」をどう判断するか?

次の2軸で判断します。

  1. 得手不得手
  2. 好み

ありきたりですが、その分しっくりくる切り口かと思います。

まず、1.得手不得手について。
これは「読書が得意か、苦手か」で判断してください。
主観で構いません。
「読書への苦手意識が強いか、弱いか」「読書が苦ではないか」を判断基準にします。

次に、2好みについて。
これは、
「サクサク、スピーディーに読むのが好きか」
「じっくり、時間をかけて読むのが好きか」
…で判断してください。

これを視覚的に、図1に示してみます。

f:id:logichan:20190323100544p:plain

図1

順に見ていきます。

 

①(苦手)×(サクサク)

f:id:logichan:20190323100632p:plain

読書は苦手。でもたくさんの本を、サクサク読みたい。
そんな方におすすめな「読書術」がこちらです。

理科系の読書術 - インプットからアウトプットまでの28のヒント』(鎌田 浩毅著、中公新書)

この本は、次のような疑問に答えてくれます。

  • 「古典は原著を読まないと意味がない」…これって本当?
  • 解説書やマンガ版を読むのは恥ずかしいこと?
  • 本は全部読むべき?

ざっくり「ペライチ」に整理すると、図2のようなことを言っています。

f:id:logichan:20190313122555p:plain

図2

「読書が苦手な人が抱いている、心のバリア」をスッキリ取り除いてくれるのが、この本の魅力といえるでしょう。

 

②(苦手)×(じっくり)

f:id:logichan:20190323102650p:plain

読書は苦手だし、読むスピードにも自信がないから、じっくり挑みたい。
そんな方におすすめな「読書術」がこちらです。

できる人の読書術』(堀 紘一著、ダイヤモンド社)

この本は、次のような疑問に答えてくれます。

  • 難しい本に出会ったら諦めるべき?それとも粘り強く読むべき?
  • 結局、飛ばし読みすべき?すべきじゃない?
  • 一流と二流を分ける要素ってなに?

ざっくり「ペライチ」に整理すると、図3のようなことを言っています。

f:id:logichan:20190311181647p:plain

図3

「読書を通じて、教養、さらには洞察力を磨いていく」
そのためのエッセンスが詰まった本です。

 

③(得意)×(サクサク)

f:id:logichan:20190323101455p:plain

読書は得意だけど、もっと早く、たくさん本を読めるようになりたい。
そんな方におすすめな「読書術」がこちらです。

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』(山口 周著、KADOKAWA)

この本は、次のような疑問に答えてくれます。

  • これだけビジネス書を読んでいるのに、どうして仕事の質が上がらないのか?
  • 本を読むのに時間がかかってしまう。どうすれば効率よく読める?
  • 本で読んだことをメモで残したいが、なかなか続かない…。続けるコツは?
  • 本を読んでも、内容が全然覚えられない。効率のよい思い出し方はある?
  • 何となく「読書しなきゃ」と思うけど、何を読めばいい?

特に個人的に一番刺さったのは、図4のような「本は2割だけ読めばいい」というエッセンスでした。

f:id:logichan:20190323101954p:plain

図4

特別付録「これだけ読めばいい!ビジネス書マンダラ」も見物です。

 

④(得意)×(じっくり)

f:id:logichan:20190323104658p:plain

読書は得意だけど。でも、じっくり読みたい派。
そんな方におすすめな「読書術」がこちらです。

<問い>の読書術』(大澤 真幸著、朝日新聞出版)

この本は、次のような疑問に答えてくれます。

  • 読書に最近慣れてきた。読書のレベルをもう一段上げるには?
  • 「考える力」を養うための読書術は?
  • 読書中に「問い」を立てるには?

本書では、図5のように、計25冊の多様なジャンルの本について、「問い」を立てながら書評を展開しています。

f:id:logichan:20190315090627p:plain

図5

例えば、「半沢直樹」が登場する『オレたちバブル入行組』については、「「半沢直樹」はなぜカッコいいのか?」という問いを立てています。
具体的には、図6のように、書評を展開しています。

f:id:logichan:20190318175226p:plain

図6

読む→「問い」を立てる→「問い」の答えを探しながら読む→自分の考察を加える→本の内容と照らし合わせるために読む…
…このように、時間をかけて、じっくり味わいながら読む方法を教えてくれます。

 

(余談)ちなみに私は…

いかがでしたでしょうか?
「自分にあった読書術」が見つかりますと、この上なく嬉しく思います。

ちなみに、「そういうお前は、どういう読み方してんだよ?」と興味を持ってくださった方がいらっしゃいましたら、下記の記事も是非ご覧ください。

「もっとこうしたら?」「こういう本もあるよ!」という方がいらっしゃいましたら、下記のリクエストフォームからお願いいたします。