BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『天才を殺す凡人』北野 唯我

f:id:logichan:20190304180321j:plain

この本で解ける疑問は?

  • なぜ、才能はつぶされてしまうのか?
  • どうしてこの職場はギスギスしているのか?
  • そもそも、自分の才能は何なのか?

https://amzn.to/2Nc8KkM

 

『天才を殺す凡人』って?

以前ご紹介した『転職の思考法』を読んで以来、すっかり北野 唯我氏の著書にハマってしまい、本書を購入しました。

この著者の魅力は、「斬新でシンプルなフレーム」「ストーリー形式」です。
転職の思考法』でいう「マーケットバリューの測り方」など、著者オリジナルのシンプルな理論が、小説のような文章の中で解き明かされていく。
一回ハマったら、抜け出せない、そんな麻薬的な魅力が、本書にも詰まっていました。

-Why-なぜ書かれたのか?

本書の「あとがき」は次の記述で始まります。

「なぜ、この本を書いたのか?」

と問われたら、私はこう答えます。

「人の可能性を阻害するものに、憤りを感じるから」です。(226ページ)

この「憤り」が、本書の原動力とのことです。
この原動力から、本書を通して読者に伝えたいこととして、「まえがき」に次の記述がございました。

あなたの才能はなんですか?と聞かれ、その場でストレートに答えられる人は、相当自分のことを知り尽くした人間だけです。ほとんどの人は答えに窮するのではないでしょうか。

この本は、才能を「ビジネスの世界で必要な三つ」に定義し、その才能を生かす方法を段階的に解き明かしていきます。

本書を読み終わる頃には
「どうやって、自分の才能を段階的に高めるのか」
「自分の才能を仕事で活かす、具体的な方法」
「組織が異なる才能をコラボレーションさせる方法」
のヒントが見つかることを約束します。(11ページ)

つまり「個人や組織が、才能に気づき、伸ばし、活かす方法」を伝えることが本書の目的といえます。

では、才能に気づき、伸ばし、活かすためには、何をすべきなのでしょうか?

それには、まず、「人の可能性を阻害するもの」を特定するための問い、
「なぜ、凡人は天才を殺すことがあるのか?」
と向き合う必要があります。

-What-なにをすべきか?

本書のタイトルからも、「なぜ、凡人は天才を殺すことがあるのか?」が、一番の論点だとわかります。
そこで、この論点を起点とした、本書の「ペライチ」を先に示します。図1をご覧ください。

f:id:logichan:20190221105759p:plain

図1

まず、「凡人が天才を殺す理由」について、次の3点が読み取れます。

  • 大多数を占める凡人による「多数決」によって、天才の意見が殺される

  • 天才の創造性を測定できる唯一の指標「反発の量」をKPIに置くことができない

  • アートとサイエンスの「説明能力の差」を無視して、秀才が天才を論破する

さらに、上の3点の原因をさらに深掘っていくと、

  • 天才・秀才・凡人間の「コミュニケーションの断絶」

  • 天才・秀才・凡人間の「軸の違い」

…が真因だと、本書では述べられています。

 

これらの真因を理解したうえで、「才能に気づき、伸ばし、活かす方法」として、次の3ステージが紹介されています。

  1. 自分の才能を理解し、活かす

  2. 相反する才能の力学を理解し、活用する

  3. 武器を選び抜き、リミッターを外す

今回は、「1.自分の才能を理解し、活かす」について詳しく見ていきます。

-How-どのようにすべきか?

本書では、天才・秀才・凡才の「軸」の違いについて、図2のように示されています。

f:id:logichan:20190219141736p:plain

図2(43ページの図表より作成)

さらに、図2のそれぞれの軸について、次のように述べられています。

より具体的に言うと、天才は「世界を良くするという意味で、創造的か」で評価をとる。
一方で、凡人は「その人や考えに、共感できるか」で評価をとる。
したがって、天才と凡人は「軸」が根本的に異なる。(266ページ)

この「軸の違い」を自覚し、「自分の才能や軸」を理解することが、第一歩です。
逆に言うと、この「軸の違い」を理解できないと、凡人が「人数の差」を利用して、天才をつぶしてしまうことになります。

 

本書では、「自分の才能や軸」を理解することから始まり、「才能を活かすための、人の巻き込み方」や「才能を伸ばすための武器」についても詳しく教えてくれます。

少しでも「日々のモヤモヤや琴線」に触れるものがあれば、是非手に取ってみてください。

 

学び

本ビジネス書を通して、次の学びを得ることができました。

ロジカルシンキングは、天才をつぶすものではなく、伸ばすもの

ロジカルシンキングを勉強しだしてしばらく経って、ある程度「身についてきたと錯覚したとき」がありました。

そんなときに、とある外資系企業の選考の1Dayインターンに参加しました。
テーマは「ITを活用した画期的なアイデアを、〇〇社に対して提案せよ」というざっくりしたものでした。

そのインターンには、私が思いつかないようなアイデアを次々と発案する人(以下、Aさんとします)がいました。

「何となく、自分より発言しているAさんが気にくわない」という、ある種「嫉妬」のような感情から、私はそれらのアイデアを次々と否定してしまいました。

ロジカルシンキングの本に書いてあったような基準やフレームも使いつつ否定していったので、「何となく説得力がある風」に聞こえたと思います。
なので、周りのメンバーも、私の意見に同意してくれ、Aさんが孤立してしまいました。

結果的に、Aさんが出してくれた意見の断片を切り貼りしたような、「納得はいくけど、斬新さはない提案」を行い、インターンでは優勝することができました。
私としては、「Aさんの意見も、ちゃんと提案に反映させる体裁をとれた」と満足していました。

だが、浮かれていたのも束の間、結局そのインターンで、私は不採用を食らいました。
浮かれていただけあって、非常に落ち込みました。

この不採用の原因を私なりに分析して、「協調性が無かったのかも」「我が強すぎたのかも」と捉えていました。

 

しかし、数年経って、本書と出会い、やっと、インターンでの不採用の原因がわかりました。

それは「ロジカルシンキングの使い方を誤っていたから」。
もっというと、「天才と秀才の間の、コミュニケーションの断絶によるもの」だということがわかりました。

先述したように、天才のアイデアである「アート」と、秀才の論理である「サイエンス」は、「戦わせては」いけません。
これを戦わせると、イノベーションは生まれません。

きっと採用者は、イノベーションが生まれる仕組みや天才を活かす方法を知っており、私が「天才をつぶす存在」だとにらんだのかもしれません。
(それか、単純に協調性の無いやつだと、何となく嫌われただけかも)

以上、何を言いたいかというと、ロジカルシンキングは、天才のアイデアに「再現性」を持たせて、拡大させるために使うべき、ということです。

明日から取れるアクション1つ

  • 「何となく嫌だ」と思うアイデアや意見を取り上げて、そのアイデアを補完する(再現性を持たせて拡大させる)ロジックを考えてみる

https://amzn.to/2Nc8KkM