BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『最高の働きがいの創り方』三村 真宗

 

f:id:logichan:20190319185225j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 働きがいのある会社を作るには?
  • ミッション、ビジョン、バリューが大事って聞くけど、どうやって決めるの?
  • ビジョナリー・カンパニー』とかを読む前に、もっとわかりやすい本ない?

 

『最高の働きがいの創り方』って?

本書は、株式会社コンカーの代表である三村氏が書かれた本です。

著者は、1993年に日本法人の創業メンバーとしてSAPジャパンに入社し、13年に渡って新規事業リードや社長室長を務められました。
当時の就職活動では、「異色」の新卒キャリアでしょう。

その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て、2011年から現職に就かれています。

著者が代表を務める株式会社コンカーは、なんと4年連続ベストカンパニー受賞。
従業員100~999人規模部門で、働きがいのある会社ランキング1位も獲得。

こうした華々しい結果を短期間で実現した著者が語る「組織づくり」とは?

-Why-なぜ書かれたのか?

本書の「はじめに」には、次のように述べられています。

当初。さまざまな立ち上げ業務に追われていた私は、正しい人を採用し、正しい文化を築くような余裕はありませんでした。「とにかく即戦力を取らねば」と自分なりの吟味もせずに採用を推し進め、結果として「自分の結果だけ出せればいい」といった殺伐とした雰囲気が蔓延してしまいました。到底、働きがいどころではありません。

この状況から、いかにしてコンカーを「働きがいのある会社」へと変えていくことができたのか。それをお伝えしたくて、本書は生まれました。

(中略)

「働きがいのある会社」の実現を目指す経営者や組織のリーダーやその予備軍の中堅、若手のビジネスパーソンにとって、本書が少しでもヒントになることを願いながら、コンカーの数々の取り組みや、その背後に流れる考え方をお伝えしていきたいと思います。(6ページ)

つまり本書のタイトルからも明らかなように、「働きがいのある会社の創り方を伝えること」が本書の目的です。

-What-なにをすべきか?

では、「働きがいのある会社の創り方」とはなんなのでしょうか?

ここで、恒例の「ペライチ」ですが、筆者がかなりわかりやすく整理してましたので、全力で頼ることにします。図1をご覧ください。

f:id:logichan:20190319174918p:plain

図1(46、68ページの図を参考に作成)

この全体図は、「働きがいのドライバー」が起点になっています。
個人的に、この「働きがいのドライバー」こそが、筆者の経験が凝縮されたエッセンスであり、最も注視すべき箇所だと捉えています。

この「働きがいのドライバー」は、次の3つに集約されると述べられています。

  1. 夢や志、大義との一体感
  2. 視座の高さと裁量の大きさ
  3. 成果や失敗を通じた成長の実感

他にも色々と「働きがいのドライバー」はあるのでしょうが、あえて「この3つ」と言い切った上で全体図を描かれている点が、著者の強さであり、「働きがいのある会社ランキング1位」を獲得できた要因に思えます。

では、具体的にどのようにして、「信念」「実行」「文化」を考えていけばいいのでしょうか?

-How-どのようにすべきか?

ここでは、「信念」に着目してみます。
というのも、いずれの経営やリーダーシップのビジネス書にも「会社経営では、ミッション、ビジョン、バリューを中心に据えよ」とあり、それだけ重要なポイントだからです。

ミッション

まず、ミッションとは「企業が果たすべき使命」を指します。
ミッションを決める際に大事なポイントとして、次のように述べられています。

ミッションは「株主価値の最大化」と「社会への貢献の最大化」のバランスが大切(52ページ)

コンカーでは、さらに「日本企業への使命」「社会への使命」「利用者への使命」「働く社員への使命」の4つに分解して、図2のようにミッションを定めています。

f:id:logichan:20190319181421p:plain

図2(53ページより引用)
ビジョン

ビジョンとは「将来たどり着きたい姿」を指します。
優れたミッションの構成要素として、筆者は次の3つを挙げています。

  1. 達成したらすごい!とワクワクできる
  2. 達成するには相当の背伸びが必要だが、実現不可避ではない
  3. 「定量的なゴール」と「具体的な時間軸」の両方またはいずれかが明らか

図3のイメージです。

f:id:logichan:20190319182636p:plain

図3(56ページより引用)
コアバリュー

コアバリューとは「組織として、分かち合うべき価値観」を指します。
コアバリューの考え方として、筆者は次のように述べています。

1人ひとりが持つ価値観を広げることで、組織の柔軟性が高まる。同時に、分かち合うべき核となる価値観をコアバリューとして共有することで、価値観のギャップを乗り越え、組織文化を醸成する(60ページ)

実際にコンカーでは「お客様の視点」「自分の視点」「仲間の視点」の3つの視点からコアバリューを定義することで、1人ひとりの価値観を広げつつも、互いの価値観のギャップを埋めています。
具体的には、図4の通りです。

f:id:logichan:20190319183239p:plain

図4(63ページより引用)

いかがでしたでしょうか?
「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の考え方がかなり具体的に書かれているので、理解しやすいかと思います。

他にも、「組織文化の育み方」や「実行段階でのオペレーション」についても、コンカーの事例を交えながら説明されています。

働きがいのある会社ランキング1位の方法論、是非ご覧になってください。

 

学び

「いい会社かどうか」を、経営者を見て判断する

この本は、転職活動をしていた際に「そもそも、いい会社って何?」という疑問を抱き、購入しました。

以前ご紹介したような『「いい会社」ってどんな会社ですか? 社員の幸せについて語り合おう』も同じ疑問から手に取りました。

この2冊を読んでわかったことは、「会社づくりには、経営者の価値観がかなり反映される」ということです。
特に創業間もない企業や、従業員数が少ない企業ほど、その傾向は顕著です。

なので、就職・転職活動や株式を買う際も、
「いい会社かどうか」の判断材料として「経営者」に着目すると、
面白いでしょう。

経営者のインタビュー記事や著書を読むことで、人となりや価値観の理解も深まります。

明日から取れるアクション1つ

  • 気になる会社の経営者のインタビュー記事を読んでみる