BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『習慣化のシンプルなコツ』山崎 啓支

f:id:logichan:20200611192558j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 「わかっているのにできない」はどうやったら解決できるか?
  • 「ダメだとわかっていること」からどうやって抜け出せるか?


https://www.amazon.co.jp/dp/4820727931

 

『習慣化のシンプルなコツ』って?

「上司に怒られた日には、どうしてもテンションが下がってしまう」

「毎朝ジムに行こうと思っても、なかなか朝早く起きれない」

「仕事を前倒しで進めようと思っても、いつも期限ギリギリになる」

…これと似た思いを抱いている方も、少なくないかと思います。

 

「日々身近に感じている、"わかっているのにできない問題"を解決してくれる本は無いか?」

こんな気持ちで藁にも縋る思いで手に取ったのが本書『習慣化のシンプルなコツ』です。

 

まずは本書の「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20200611192334p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

  • 習慣化のシンプルなコツとは「意識の力」「無意識の力」「脳内プログラムの書き換え」の3つで構成されている。
  • 「意識」とは自分が気づいている部分を指す。自分の脳内において、意識は「王国の王様(司令塔)」の位置づけにあたる。
    ①「意識」の力を強くするためには、まず「主体的に選択する意識」を育てる必要がある。
     ★じっと見る訓練
     何でもいいので「何かひとつの物を集中して見る」と決める。
     「そして見ること以外は何もしない」と決めて集中(3分)
     ★考える訓練
     何でもいいので「退屈なことについて考える」と決めて、
     それについて考える(5分)
    ②次に、身体・感情・思考の同一化をやめる必要がある。そのためには、身体・感情・思考を主語に据えるとよい。例えば「暑いな」と思った時は「身体は暑がっている」と言い換えると、客体化が進む。
  • 「無意識」とは自分が気づいていない部分を指す。意識の部下とも表現できる。無意識の力を鍛えるためには「思考テーマ」を切り替える必要がある。
    ①いつもハマって時間を浪費している思考テーマを列挙
    ②「これに時間を割けば有意義だ」と思える思考テーマを列挙
    ③①の中から1つ選んで、十分な感情が湧き出るまで集中(1~3分)
    ④②で考えた思考テーマに切り替えて集中
  • 「脳内プログラム」とは過去の記憶を意味する。過去の記憶とは、1)影響力のない無数の記憶、2)影響力のある1つの記憶(代表記憶)の2点から構成される。この「代表記憶」を書き換えることで、物事の捉え方を大きく変えることができる。
    まずは、代表記憶の明るさ/大きさを調節する。
     ①嬉しかったときの体験を思い出して、
      映像として想像
     ②頭の中の映像を明るくして10秒集中
      (嬉しさを増やすイメージ)
     ③頭の中の映像を暗くして10秒集中
      (嬉しさを無くすイメージ)
     ④①と同じ明るさに戻して、再度10秒集中
    次に、イヤな体験の明るさ/大きさを調節する。
     ①不快な体験を思い出す
     ②その映像を見えなくなるまで暗くする
      (イヤな感情を無にするイメージ)

いかがでしたでしょうか?

意識や無意識の本質まで踏み込んで解説している本なので、最初は理解に時間がかかりました。

しかし、表現自体はとても平易に書かれているので、しばらく読み進めると「あ、そういうことか」とスッと理解できるはずです。

一度理解が進むと、そこからは凄い勢いで本にのめり込んでしまう…
それくらい強い魅力を持った本でした。

意識や無意識を操れるようになったとき、どんな世界が待っているのか?
そんなワクワク感が、読者を虜にするのでしょう。

 

加えて本書には、意識や無意識の力を鍛えるためのワークがたくさん載っています。

どれも「え、これだけなのに凄く難しい」と感じるくらい、シンプルだけど難易度が高いワークです。

しかし、その分、継続したときの効果は絶大なんだと思います。

辛抱強く継続しようかと思います。

学び

『FULL POWER』との合わせ技で習慣化がサクサク進む!?

習慣とは、大きく「思考習慣(例:悲観的に考える癖)」と「行動習慣(例:早起きする)」の2点に分けられます。

本書『習慣化のシンプルなコツ』は、主に「思考習慣」を扱っています。

 

一方の「行動習慣」については、『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』が詳しく解説してくれています。

例えば「つい、スマホをいじってしまう問題」は行動習慣ですよね。

こうした行動習慣は、自分の思考よりも、身の回りの「環境」に手を打った方が解決が速い。

具体的には、スマホを「絶対に手の届かない場所(車の中など)」に置いておけば、強制的に「スマホをいじれない環境」を作り出すことができます。

「行動習慣」と「思考習慣」を支配できれば、何だか最強になれそうですよね。

最強になるためにも、もう一度2冊とも読み直してみようかと思います。

 


https://www.amazon.co.jp/dp/4820727931