ナレッジセット ファイナンス・投資 戦略 書評

【書評】『三位一体の経営』中神 康議

この本で解ける疑問は?

  • 経営者・従業員・株主を幸せにできる経営手法とは?
  • 売上や利益率よりも重要な指標とは?

https://amzn.to/3moD5xa

『三位一体の経営』って?

昨年からMBAを学んでいるわけですが…

「MBAを学んだ良かったことは何ですか?」と聞かれたら、こう答えてしまうかもしれません。

「この本をより深く理解できたことです」と。

それくらい、この『三位一体の経営』は示唆に富む本でした。

  • ROA、ROE、ROIC、WACC
  • 企業価値
  • 事業経済性

…こういったワードで、経営という「化け物」の正体を明らかにしていく。

しかも、投資家視点と経営者視点の両方で描かれている稀有な本です。

この両方の視点が合わさると、どんな洞察が生まれるのか?

今回はこの問いに迫ってみます。

 

f:id:logichan:20201123184644p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

  • 本書では、経営者・従業員・株主のトレードオフをトレードオンに昇華させる「複利の経営」が提案されている。
  • 経営には4つのタイプがある。
    ①売上や利益の大小を第一とする「額」の経営
    ②利益率に注目する「率」の経営
    ③ROE・ROA・ROICを重視する「利回り」の経営
    ④長期持続的なROE・ROA・ROICを追求する「複利」の経営
    このうち、長期的な利益を創出できるのが④である。
  • 複利の経営を目指すには、まず事業経済性を効かせて十分な利益率を確保する必要がある。
  • 次に、高い利益率を持続させるための「障壁」を築く必要がある。
    1つ目の障壁は、「コスト優位」である。具体的には、低原価や独占的技術を追求する戦略を取っていく。
    2つ目の障壁は、「顧客の囲い込み」である。顧客に自社商品を使うことを習慣化してもらう、スイッチングコストやサーチコストを高くするなどの戦い方がある。
    3つ目の障壁として、上記の規模の経済性と囲い込みを組み合わせることで、他社の追随を許さない存在となることができる。
    上記の障壁を築けない場合は、ひたすら効率化を進めるしかない。
  • これらの「複利の経営」が成立している条件は、「ROE≧ROIC≧ROA>WACC」となっていることである。

いかがでしたでしょうか。

私なりに『三位一体の経営』の概要をまとめてみましたが、リスクテイクできる意思決定体制の作り方などなど、まだまだ伝えきれていない学びが沢山あります。

中でも、巻末の楠木建氏の解説は見物です。

 

言語化能力が低くて恐縮ですが「今年読んだ中で、最も買って良かった経営指南書」です。

学び

LINE株で経営や投資を学んでみる

三位一体の経営』で読んでみたことを今日から試してみようと思うと、何ができるか?

ありきたりですが、株を買ってみるのもいいかもしれません。

上場している企業であれば、ググれば「ROIC・ROE・ROA」は一瞬でわかります。

WACCは少し厄介ですね。

公表している企業があれば、そのまま使用できます。

しかし、公表していない企業については、業界平均値を使ってみるのもいいでしょう。

そうすれば、「ROE≧ROIC≧ROA>WACC」の黄金比を満たしているかがわかります。

 

それ以外にも、財務諸表やビジネスモデルを分析してみれば、事業経済性を効かせることができているかもわかります。

具体的には、横軸に売上高、縦軸に利益率を置いてみて、正の相関があれば事業経済性があるかどうかがわかります。1企業の業績を5年分くらい使ってもいいですし、同業界の企業の数値を並べてみてもいいでしょう。

f:id:logichan:20201123203909p:plain

 

以上の分析を行ってみて、良さげな企業があれば、株を買ってみる。

LINE証券であれば、1株から買えます。

ちなみに私は、勉強代だと思って、5万円ずつ3社くらいの株を買ってます。

こんな感じで身銭を切ってみると、いやでも本で読んだことを血肉化しようと必死になります。

またまた良い本に出会いました。


https://amzn.to/3moD5xa

-ナレッジセット, ファイナンス・投資, 戦略, 書評

© 2021 BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで