ブログ運営 番外編

【2021年抱負】ビズペラのしょぼいエコシステム

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで、ビズペラは2周年を迎えました。

無事2年間続けてこれたのも、みなさまがたくさんビズペラを読んでくれたおかげです。

本当にありがとうございます。

 

さて、今回は、ビズペラの2021年の抱負を綴っていきます。

題して「ビズペラのエコシステム」。

ビズペラのしょぼいエコシステム

いきなり結論をお伝えすると、次のエコシステムを確固たるものにしていきます。

f:id:logichan:20210105210635p:plain

  1. ビジネス書を年間300冊のペースで徹底的にインプット
  2. ビジネス書で読んだことを現場で実践
  3. 実践した結果、たくさんの成功・失敗・モヤモヤ体験をGET
  4. 1と2のおかげで、私自身の無形資産=コンテンツ力UP
  5. 新たな考察・記事の発信
  6. 読者の皆さまに良本中の良本や気づきを提供
  7. 6の成果としてのアフィリエイト増収
  8. 読んだビジネス書はメルカリに出品
  9. 7と8によって得られたお金で、ビジネス書を購入(1に戻る)

…と、このようなエコシステムを少しずつ回していきたいなと。

 

こんなことを書くと

「なんか、ちっぽけなモデルだなー」

「もっと稼げる方向を模索したほうがいいんじゃね?」

…という声が聞こえてきそうですね(笑)

はい、このちっぽけなモデルで大丈夫です。満足してます。

それは、次の狙いがあるからなんです。

なぜこのエコシステムにこだわるのか

①本ブログの「コンセプト」を持続的に体現したい

「オンライン上での立ち読み感覚で、本を買う決断をスムーズに」

これが、このブログのコンセプトです。

このコンセプトを具現化することで、少しでも多くの読者の「良書とふれあう瞬間」を作り出したい。

それこそが、このブログを書いている一番の原動力です。

 

具体的には、amazonや書店と比べて、次のようなポジションを狙っています。

f:id:logichan:20191205161604p:plain

デジタル媒体とすることで、書店に足を運ばずとも「いつでも、どこでも」本を買うことができます。

しかし、これだけだと、Amazonや楽天といったECサイトと全く変わらない。

 そこで、「本を買う決断に必要な材料」をブログ上に揃えました。

「書店で立ち読みしながら手に入る情報」の分量を意識しています。

これらの要素を掛け合わせることで、「書店にもECサイトにも真似できない価値」を目指しています。

 

 

こういった試行錯誤を通じて、少しでも読者の皆様に「良書とふれあう瞬間」を提供できればと考えています。

②私自身の無形資産を増やしたい

ここからは完全に私事で申し訳ありません。

私自身、本を書いたり、研究をしたり、そういった世界に憧れを抱いています。

研究というのは、山口周氏のような「独立研究家」ですね。

そのためにも、圧倒的に足りていない「知識・実体験・思考力」を少しでも多く身につける必要がある。

こうした能力開発も兼ねようと思うと、ローコストで無形資産を貯めていける「しょぼいエコシステム」がピッタリなわけです。

このエコシステムを2年回し続けたおかげで、

 

300以上いいね!がついたこんな記事や

 

「スジが良い問い」と「スジが悪い問い」

「良い当事者意識」と「悪い当事者意識」

「仕方がない属人化」と「イケてない属人化」

…のようなコラム集や


「わかりにくい文章の書き方」のようなシニカルな記事

 

こうしたちょっとした考察が書けるようになってきました。

「まだまだだね」と言われそうですが、先ほどの「しょぼいエコシステム」が無ければ、こういった記事はずっと書けずにいたはずです。

このちょっとした考察を少しずつ貯めていって、いずれ何かの本を出せるといいなと考えています。

 

…と、後半は少し冗長に私事ばかりを書いてしまいましたね(笑)

2021年は去年よりも、もっとレベルの高い記事を、皆さまにお届けできればと意気込んでいます。

もちろん、最新の良本情報もしっかり発信していきます。

どうか温かく見守ってもらえると嬉しいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

-ブログ運営, 番外編

© 2021 BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで