スキルセット マネジメント 書評

【書評】『人に頼む技術』気持ちよく助けてもらう技術

  • 「助けてほしい」と言えるようになりたい
  • 「助けてほしい」と言ったときに、相手に気持ちよく動いてもらいたい

こう考えている人に最もオススメしたい本、それが『人に頼む技術』です。

『人に頼む技術』とは?

著者は、社会心理学者でもあり、コロンビア大学ビジネススクール・モチベーションサイエンスセンター副所長のハイディ・グラント氏です。

やり抜く人の9つの習慣』などを執筆されたベストセラー作家ですね。

その筆者が科学的に導いた「人にものを頼む技術」が凝縮されているのが本書です。


読んでいくと、1つひとつのメソッドが、著者の経験談というよりは、数々の調査結果や事例によって裏付けされていました。

しかも、どの事例も「あ、それ、あるある」と頷きが止まらないものばかり。ユーモアに富んだ事例も多いので、サクサク読み進めていける本です。

良い頼み方と悪い頼み方がある

本書の一番学んだことは「良い頼み方と悪い頼み方」です。

経験則で「こう頼まれたらいやだなー」とか「こう頼んでおけばよかったなー」と思うシーンはありますが、それらを科学的に導きだしているのが本書の醍醐味ですよね。

せっかくなので、学びを1枚にまとめてみました。

悪い頼み方

頼むときに、共感に頼りすぎる

「これ本当に大変なんだよ。だから手伝ってくれよ」と共感を求める過ぎると逆効果。

これはしっくりきますよね。

単純に「そんなに大変なんだったら、手伝いたくないよ」って思いますもん。

頼むときに、やたらと謝る

「本当にお手を煩わせて申し訳ないんですけど、こちらお願いできますか?」的な依頼の仕方ですね。

これ、私はやっちゃいがちです。

でも、言われたほうがからすると、ちょっと他人行儀に感じますよね。

例えば、普段ため口で話すような仲の人から「大変恐縮ですが、こちらお願いできますか?」なんて連絡が来たら、よそよそしいなーって思います。

今の例は極端でしたが、少なからず「へりくだりすぎる頼み方」には注意が必要ですね。

頼むときに、言い訳する

「本当はお願いするつもりなかったんだけど…」「お願いするのがギリギリになってしまったんだけど…」みたいな言い訳を添えて、依頼する。

これもやっちゃダメらしいですよ。


確かに、「本当はお願いするつもりなかったんだけど…」って言われたら、「じゃあ、お願いしてくるなよ」って思いますもんね。

「お願いするのがギリギリになってしまったんだけど…」って言われたら、「いや、ギリギリにならないよう気をつけろよ」としか思いませんし。

頼むときに、言い訳は添えない。

シュートには、左手を添える。

これも大事な気づきですね。

頼むときに、メリットを強調する

「この仕事をやると、こんなに楽しいよ、こんなに意義があるよ」と強調する。

これ、やっちゃダメなんですって。

よく「仕事を頼むときは、動機づけしなさい」なんて言いますけど、仕事のメリットを強調しすぎると、かえって逆効果になってしまうとのこと。

確かに、「この仕事をやると、こんな意義があるよ」って言われても、響かないとき、ありますよね。

ちなみに僕自身も、仕事の意義をいくら説かれても、「うん、じゃあその仕事やります」とは1mmも思わないタイプです。

「その仕事に意義があるかどうか」はあくまで、僕が決めることだ。仕事を頼むあなたが決めることではない。

・・・と思っちゃうんですよ。


「仕事にどんなメリットがあるかは、相手が決める」

こんな意識を持ちながら仕事を頼むことが大切です。

頼むときに、頼み事が些細なものだと強調する

これは絶対いやですよね。

私も言われたことがあります。

「本山さんだったら10分くらいで終わると思うから、やっておいて」と。

まず、10分程度で終わる頼み事を頼まれた時点で萎えますよね。「いやいや、そんくらい自分でやれよ。なんでおれに頼むんだよ」といます。

それに「本山さんだったら10分で終わるってなんだよ?終わんなかったら、期待に沿ってないってこと?変な期待値設定してくるんじゃねーよ」とも思いますね。

いろんな意味で、この頼み方はアウトです。

頼むときに、借りを思い出させる

「あのとき〇〇やったから、今回は△△やってくれないかな?」という頼み方、これもよくないみたいですね。

理由は「頼まれた側が、コントロールされている感を感じるため」です。


確かに、コントロールされている感はありますよね。

あと、シンプルに、この頼み方をされると「器がちっちぇーな」と思っちゃいます。

「借りがある」みたいな発想を持たない、器の広い人間になりたいものです。

頼んだあとに、助けられた側のメリットを強調する

「あなたが〇〇をやってくれたおかげで、私はこんなに助かったよ」

このお礼の言い方、実は注意が必要みたいです。

さらっと伝える分はいいんですが、「助けられた側の話」を盛り込みすぎると、逆効果になってしまうとのこと。


確かに、助けた側からすると、「あなたの話もいいけど、もっと褒めてほしい」と思いますもんね。

ものを頼むときの主役は、頼む側ではなく「頼まれる側」である。

この点をちゃんと理解しておく必要があります。

良い頼み方

頼むときに、仲間意識を持たせる

同じことを頼まれる場合、赤の他人の頼み事、知り合いからの頼み事、どちらのほうが受け入れやすいですか?

言うまでもなく、知り合いからの頼み事のほうが、受け入れやすいですよね。(知り合いだけど嫌いな人は、その限りではありませんが)


したがって、ものを頼むときは、「いかに仲間意識を持たせるか」が大切になってきます。

私も本書を読んで以降、仲間意識を持ってもらうことに苦心しています。

  • あえて雑談の機会を設け、共通の話題を無理やりにでも作り出す
  • 「一緒に」というワーディングを随所に盛り込む
  • 一緒に業務をやる機会を作る

などなど、「私は外側ではなく内側の人間ですよ感」を何としてでも演出する。

…的な工夫をするようになってから、以前よりもスムーズに物事を進行できるようになりました。

頼むときに、自尊心を刺激する

私の理解だと、ここでいう「自尊心を刺激する」というのは、次の意味だと考えています。

「他でもなく、あなただからこそお願いをしているんだ」というメッセージを全力で伝えること。

これですね。これこそが、相手の自尊心を刺激するメッセージです。


私も、誰かに物事を依頼するときは、依頼内容そのものよりも「なぜ、あなたに依頼するのか」を考えるのに時間を費やすようになりました。

頼んだ相手に「あ、だから私に頼んだのね。私が適任ね」と思ってもらう。

その努力を惜しまなくなった結果、これまた以前よりもスムーズに協業ができるようになりました。

頼むときに、有効性を強調する

「助けてもらうことで、どんな影響があるか」を伝える。

これが、有効性を強調するということです。


私はこれ、ぶっちゃけまだ上手く使いこなせないでいます。

というのも、使い方をしくじると、先に述べた「頼んだあとに、助けられた側のメリットを強調する」「頼むときに、メリットを強調する」の教えと矛盾する可能性があるからです。

いまいち「助けてもらうことの有効性」と「助けてもらうことのメリット」の線引きができないんですよね。

この線引きができていない状態で、「助けてもらうことの有効性」を伝えると、逆効果になりそうで危険だなと。

なので、この点はもう少し深堀して、自分の中で腹落ちさせてから使ってみようかと思います。


以上、『人に頼む技術』を紹介しました。

繰り返しになりますが、

  • 「助けてほしい」と言えるようになりたい
  • 「助けてほしい」と言ったときに、相手に気持ちよく動いてもらいたい

そう思っている人には、一番オススメしたい一冊です。

-スキルセット, マネジメント, 書評

© 2022 BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで