BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『内向型を強みにする』マーティ・O・レイニー

f:id:logichan:20191210133355j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 引っ込み思案で内向型の自分でも、社会で通用するのか?
  • 人付き合いで消耗した時の回復方法は?


https://www.amazon.co.jp/dp/4775941151

 

『内向型を強みにする』って?

今年読んだ中で、「一番共感した本」でした。

それは何より私が「超、内向型人間」だからです。

  • パーティーがびっくりするくらい嫌い
  • 初対面の人と10人以上接した日は、クタクタに疲労
  • 大人数がいる空間にいるだけでソワソワする

この本の「内向型チェックリスト」が30個あるわけですが、29個チェックがつきました。

 

…とまあ、ここまで内向的な方は少ないかと思いますが、人間の25%は内向型人間だそうです。

そんな25%の方に向けて、今日はこの良書『内向型を強みにする』をご紹介いたします。

まずは本書を要約した「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20191210140323p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

内容が多岐に渡っており、部分的に要約しました。

  • 内向型人間を知るためには、外向型人間との違いを知るとよい。
    外向型人間は、1)エネルギーを外から得て、2)刺激が好きで、3)広く浅く経験を積んだり交友関係を拡げたりすることを好む。
    内向型人間は、1)エネルギーを内から得て、2)刺激が嫌いで、3)狭くて深い経験や交友関係を好む。
  • 外向型が75%を占める世の中で生きていくための7つの戦略がある。1)勇気を出して口を開く、2)心のイライラをすばやく鎮める、3)自分に優しく、4)つねにサバイバル・キットを持つ、5)定期的に燃料を補給する、6)いつもユーモアを忘れない、7)ネットワークをつくる、の7つである。
  • 例えば、2)心のイライラをすばやく鎮めるためには、次のようなアクションが有効である。
    • 正常な呼吸を早めに再開する
    • 表情を変えて、微笑みながら、リラックスした覚醒状態のまなざしで一点を見つめる。音楽を鑑賞する人、遊んでいる子供を眺めている人の表情を真似する(自宅でやる)
    • 身体のどの部分が緊張しているかを把握する。その後、左右の足にバランスよく重心をかける
    • 特異な点(自分と大きく異なる点)をポジティブに眺める
    • 問題の存在を認め、似た場面を切り抜けた過去の経験を思い出す

いかがでしたでしょうか。

本書を一言で言い表すならば「内向型人間にとってのガイドブック」でしょう。

英訳された本なのにもかかわらず、非常に読みやすい書きっぷりです。訳者の技量にも至れり尽くせりです。

 

学び

「内向型」「外向型」もダイバーシティの一つ

個人的には、どの職場にも、もう少し「内向型」に対する理解を深めてほしいところです。

 

「ダイバーシティ」と聞くと、「男性と女性」「年齢」「人種」などの「目に見える側面」に着目しがちです。

「深層的」な要素である「性の志向性」「支持する政党」「信仰する宗教」などへの理解は、海外と比較してもまだまだ進んでいないように見受けます。

今回取り上げた「内向型」「外向型」も一種の「変え難い人間の特性」です。

内向型の人に「外向型になれ」と言っても、正直な話、無理です。

本能的に怖いんですよ。初対面のシーンとか、人前で話すとか、いきなりかかってくる電話とか。

 

しかし、こんなワガママばかりも言っていられません。

当然のことながら、外向型の人々が苦手とするようなお仕事は、内向型が担います。

それでいいじゃないですか。頼みますから「外向型の世界観」を押し付けないでください。

 

…と、こんなことを思うこの頃です。

ですので、今回『内向型を強みにする』を読んでみて、本当によかったです。

内向型なりのネットワークの作り方でしたり、内向型の人だからこそ得意な領域でしたり。

そんな、内向型の人々にとっての希望もあるんだなと、一筋の光を見つけることができた気分です。


https://www.amazon.co.jp/dp/4775941151