BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす』リップシャッツ信元夏代

f:id:logichan:20190805223400j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 言いたいことが伝わらないのはなぜ?
  • プレゼンの目的を明確にするには?
  • 目的達成に向けて、何を、どのように伝えれば、聞き手の心をつかめるのか?

 

『20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす』って?

「これ、どうせコピーライティングの本でしょ」

これが、書店で本書を手に取った時の第1印象でした。

「20字に削ぎ落とせ」とありますから、コピーライトの本だと思った人も少なくないのではないでしょうか?

 

…しかし、その印象は180度覆されました。

正しくは「練りに練った20字を、どんなストーリーで伝えると、相手に動いてもらうか」が書かれていたのです。

要は、プレゼンテーションやストーリーテリングの本だったのです。

しかも、ワークシートが付いているなど、「読者が再現しやすそうな工夫」が随所に散りばめられていました。

「読者が再現できるかどうか?」は、良書を見極める1つの重要なポイントです。

そんな良書『20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす』を今回はご紹介します。

 

まずは本書の「ペライチ」を見ていきましょう。

f:id:logichan:20190805223508p:plain

本書の内容を掻い摘むと、次のことが書かれていました。

  • 言いたいことが伝わるようになる大前提は、「ワンビッグメッセージを20字で語る」「KISS(簡単、簡潔、簡明)にする」「成功話ばかりしない」「聞き手視点で考える」「未来予想図を見せる」「文脈依存を無くす」「"正しさ"を振りかざさない」の7つ。
  • 聞き手に刺さるメッセージを考える際は、「なぜ伝えるのか?」の問いに答える必要がある。この問いに答えるには、聞き手にフォーカスした問いに分解して考えるとよい。1)聞き手は誰か?、2)聞き手のメリットは何か?、3)聞き手になぜ自分が話さねばならないのか?、4)聞き手に何をしてほしいか?…の4つである。
  • 次に「何を伝えるのか?」について。「ワンビッグメッセージ」と、そのメッセージの論拠となる「メインポイント」を軸に構成を考えることが大事。「ワンビッグメッセージ」を基盤にして、9つのプロセス(階段)に沿って具体化すると、伝わりやすくなる。
  • 最後に「どう心をつかむのか?」について。まず、ストーリー化をした後、ビジネスで使える「コーポレートストーリー」へと進化させる必要がある。加えて、オープニングとクロージングに「聞き手を惹きつける工夫」を散りばめることが大事(オープニングは、社交辞令の挨拶抜きに、いきなりストーリーから始めるなど)。

いかがでしたでしょうか?

特に、プレゼンのストーリーを考える際の「9段階構成」のテンプレートがオススメです。

前職の外資系コンサルティングファームの中でも、プレゼンについてのノウハウや資料は数多く見かけました。
しかし、個人的にはプレゼンやストーリー作りの本の中で、この本が一番参考になりました。

(興奮してしまい、文字を大きくしてしまいましたが、それほど目から鱗が落ちる本でした)

 

学び

このブログの反省点

本書の学びと、ブログの文章を照らし合わせると、多くの反省点が見えてきました。

今回は、その反省点の中でも、特に重そうな2点について扱います。

ワンビッグメッセージが無い

これが一番大きい反省点です。

ビジネス書を読んだうえでの「一番の学びは何か?」をクリアにすることで、文章全体もシャープにできると思いました。

「一番の学びは何か?=ワンビッグメッセージ」を起点に文章が構成されるので、ムダな文を減らすことができます。

しかも、ビジネス書での一番の学びを「20字以内」で表現することで、ブログの読み手にも、本の魅力をもっと伝えられるようになるでしょう。

オープニングとクロージングの印象づけが弱い

2点目がこれです。

まず、ブログを読んでいただくためには、オープニング時点で、読み手の注意を惹きつける必要があります。

いきなりクリティカルな質問や、有名な引用でスタートすることで、読み手にインパクトを与えることもできます。

クロージングも同様です。

読み手のアクションに繋がるような問いかけで締めるなど、まだまだ工夫の余地がありますね。

ただし、オープニングやクロージングの工夫は、いずれも「ワンビッグメッセージに関係のあるもの」でないといけません。

「ワンビッグメッセージ」こそが、一番大事ですね。

明日から取れるアクション1つ

  • ブログを書く際に、毎回「ワンビッグメッセージを20字以内」で考えてみる