BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『ダークサイド・スキル』 木村 尚敬

f:id:logichan:20190617130432j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 研修でもビジネス書でも散々学んだスキルを使っても、人が動いてくれないのはなぜ?
  • 日本企業ならではの文化を踏まえ、人を動かしていくスキルとは?

 

『ダークサイド・スキル』って?

中二病筆頭の私の心を鷲掴みにしたのが、本書のタイトルでした。

「裏技」「闇」「ダークサイド」…こういったキーワードが潜在的に好きなんでしょうね。

まあ、半分冗談ですが、残り半分は次の問いを抱いていたことが、本書を手に取ったきっかけです。

「論理思考やコミュニケーションの本を読んでも、何かしっくりこない…なんで?」

この問いに答えるカギとなるのが、本書でいう「ダークサイド・スキル」でした。

 

では、早速本書の「ペライチ」を見ていきましょう。

※画像をクリックすると、PDF版が開きます。

f:id:logichan:20190626112945p:plain

ざっくり掻い摘むと、次のような内容でした。

  • 日本の会社が持つ「古い価値観」を良い方向に作用させるには、ミドルリーダーたちが「ダークサイド・スキル」を発揮する必要がある。
  • 論理思考やプレゼンテーションスキルのような「ブライトサイド・スキル」に対して、「ダークサイド・スキル」は人を動かすために必要な泥臭いスキルを指す。
  • 「ダークサイド・スキル」は、1)思うように上司を操れ、2)KYな奴を優先しろ、3)「使える奴」を手なずけろ、4)堂々と嫌われろ、5)煩悩に溺れず、欲に溺れろ、6)踏み絵から逃げるな、7)部下に使われて、使いこなせ…これらの7つの要素から成り立つ。

いかがでしたでしょうか?

個人的には、本書の後半部分の「良品計画・松井忠三氏×IGPI・木村尚敏」の対談を読んだことで、学びが一気に深まりました。
経営者が置かれている「残酷なほどリアルな現場」において、どうやって「ダークサイド・スキル」を発揮していくか。
これが、実にナマナマしく、記されていたからです。

 

学び

このビジネス書を通して、次の学びを得ました。

「ブライトサイド・スキル」と「ダークサイド・スキル」の役割分担

  • 「ブライトサイド・スキル」の役割=わかってもらうこと
  • 「ダークサイド・スキル」の役割=動いてもらうこと

 

元々、外資系コンサルティング会社でキャリアをスタートさせたこともあって、
これまで、本書でいう「ブライトサイド・スキル」を中心に磨いてきました。

仮説を立て、分析やインタビューを通して実証し、美しいストーリーと共に資料をまとめ上げ、クライアントにプレゼンする。

これらは、相手に「わかってもらう」ために必要なスキルです。

 

しかし、「わかってもらった」として、「動いてもらえる」とは限りません。
理解はできても、納得はできない…よく耳にする状態ですね。

そんな状態を解決に導いてくれるスキルこそが、「ダークサイド・スキル」だと、やっと理解できました。

 

ところで、こういったスキルは、結構「暗黙知」になりがちだと思うんです。
そんな暗黙知を、「ダークサイド・スキル」としてまとめ上げた筆者の力量には頭が上がりませんね。

今一度、「自分の中に、暗黙知のままになっているスキルは無いか?」を問い直してみようと思います。
(いわゆる、ジョハリの窓の「盲点の窓」ですね)

明日から取れるアクション1つ

  • 「盲点の窓」について、同僚からフィードバックをもらってみる