BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』高松 康平

f:id:logichan:20200406210643j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 問題解決の本を沢山読んだけど、いまいち「仮説」のつくり方がわからない…筋の良い仮説とは一体何者?
  • わかるようでわからない「問題解決の手順」とは?

 

『筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』って?

「もう二度と手に取るまい」

そう決めていたのですが、つい本屋で立ち読みがてら手に取ってみたのが本書でした。

「どうせ、他の問題解決本に載っていることでしょ」と思って手に取ってみたら、いい意味で期待を裏切られました。

読んだ瞬間、これまで読んできた数々の問題解決本の「点在していた学び」が「一本筋の通った、線として学び」に変わりました。

ああ、これが問題解決かと…そんな腹落ち感を生み出してくれるのが本書です。

まずは本書を「要約」した「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20200406211410p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

  • 問題解決には7つのステップと7つの武器が存在する。
  • 「現状分析」では、こだわりを持って分ける武器が必要。分けることで「差がハッキリ」するような切り口を、MECEに考える必要がある。
  • 「問題認識」では、イライラ・キラキラポイントを探す。具体的には、「本当に自分はその問題を解きたがっているか?」「あるべき姿は明確に描けているか?」と自問自答していく。
  • 「情報収集」では、事業部長の視点から、あらゆる仮説を全体観を持って考えていく必要がある。事業部長の視点とは「市場」「ターゲット」「顧客」「商品やサービス」「バリューチェーン」「会計数値」「競争力(シェア)」「外部環境」を俯瞰的に眺める視点である。これらの視点を頭の片隅に置いておくだけでも、だいぶ見え方が変わってくる。
  • 「課題抽出」では、先ほどまで収集した情報を結合させる必要がある。情報と情報の間にある「因果関係」を丁寧に矢印で結んでいくことで、問題の真因が見えてくる。
  • 「解決の方向性」では、4つの戦略論をベースに解決策を構築する。戦略論には、コストリーダーシップ戦略などの定石となる戦略がある。
  • 「アイデア創出」では、思いつきのアイデアを進化させる。「他にはないの?」「具体的には?」の2つの問いを自問自答しながら、アイデアにロジックを加えていく。
  • 「評価」では、評価軸を定めて、冷静に選んでいく。評価軸には、「緊急性×重要性」などの軸が存在する。

いかがでしたでしょうか。

問題解決本が溢れる中でも、本書は「深さ×わかりやすさ」の観点で抜きん出ていると思います。

問題解決のスタートからゴールまで、一気通貫で学ぶことができる良書です。

学び

問題解決の一番の肝は「因果関係の紐解き」

  • MECE
  • ロジックツリー

…問題解決やロジカルシンキングにおいて、誰もが一度は聞いたことのあるキーワードかと思います。

確かに、いずれも、問題解決には欠かせないツールです。

しかし、問題解決の本質は、あくまで「因果関係やメカニズムを紐解くこと」にある気がします。

ロジックツリーに分けるのも、フレームワークを使って整理するのも、結局は「情報と情報の結びつき」を読み解くためです。

この「情報同士の結びつき」を探し当てるフェーズが一番苦しくもあり、楽しくもあります。

例えば、「属人化が発生するメカニズム」について。

f:id:logichan:20200406213119p:plain

属人化の周辺にある情報同士の因果関係を1つずつ丁寧に紐づけていくと、このようなメカニズムが描けます。

こうやって可視化してみると、属人化を生じさせている問題の本質は「自己保存の本能」だとわかります。

「本当か?」と思われた方は、下記の記事をご覧ください。

良い属人化と悪い属人化 - BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

以上、「問題解決の一番の肝」について見てきました。

筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』を読んで改めて、「問題解決とは何か」を考えさせられました。

よい思考の機会をいただきました。感謝。