BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわからない!?】『シリコンバレー式超ライフハック』デイヴ・アスプリー

f:id:logichan:20200708222646j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 「記憶力」を最高に上げる方法は?
  • 休みが増えて成果も上がる「時間術」は?
  • 朝やるべき「5つの鉄則」とは?


https://www.amazon.co.jp/dp/447810719X

 

『シリコンバレー式超ライフハック』って?

表紙にはこんなフレーズが書かれてました。

 

「史上最強の技、全集合」

 

何だか、翻訳本らしい大袈裟な煽り文句だなーと思いながら、手に取って読んでみました。

すると、どうでしょう。

今まで知らなかったようなライフハック術が惜しげもなく、42個も紹介されています。

しかも困ったことに、1つひとつのライフハック術の奥が非常に深い。

もはや「ライフハック辞典」です。

1日1つずつ読んでいってもいいかもしれません。

 

では、早速本書の「ペライチ」を見ていきます。

…と言いたいところですが、残念ながら、本書は1ページ1ページが魅力で溢れすぎて、1枚に収めきることができませんでした。ご了承ください。

f:id:logichan:20200708224121p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

  • 成功のために必要なのは「お金」「権力」「身体的な魅力」などではない。正しい習慣で自分の本能をコントロールできた人が成功できる。
  • ライフハックにおける枠組みは14個。それは「脳」「自己」「恐怖」「休息」「快楽」「睡眠」「運動」「食事」「テクノロジー」「幸福」「人間関係」「瞑想」「自然」「感想」である。そのなかでも今回は「自己」をピックアップする。
  • 第一に、「脳エネルギー」を本質に集中させることが大事。
    まず、深く息を吸って、我慢できなくなるまで息を止める
    そして、1週間、意思決定するたびにメモを取って、次の2つを振り返る
    ①この決定は重要だったか?
    ②この決定を避けるために、無視するか、
     自動化するか、他の人にやってもらえなかったか?
  • 第二に、自分探しをやめて「自分づくり」をする必要がある。
    最高の状態の自分を表現する言葉を3つ考えて、いつも目に入るところに書き出しておく
    「嫌いなこと:無関心なこと:心を燃やすこと=0:10:90」…この時間配分になるよう、日々行動を見直す
  • 第三に、「言葉」を変えて限界を押し広げることも大事。具体的には、4つの「あいまい語」を使わないように注意する。
    できない:常に100%嘘の言葉
    適切な手段と問題解決のための創造性があれば、できないことはない
    必要がある:些細な事を重大事と勘違いさせる言葉
    1週間、本当に「必要」な場合以外は、「必要がある」という言葉を使うのをやめる
    悪い:解決の可能性を閉ざす言葉
    実際には「好きではない」「望んでいるものではない」という意味でしかないことが多い
    やってみる:やるつもりがないことが織り込まれた言葉
    この言葉には脳に逃げ道を与える効果がある

いかがでしたでしょうか。

これくらい深い深いライフハックが、あと40個近くも紹介されています。

大抵の本は読んですぐにメルカリに売ってしまうのですが、この本はしばらく本棚に置いておきたいと思える良書でした。

学び

思考停止すべきときは思考停止する

「思考する」

これは想像以上に体力を消耗するものです。

考えれば考えるほど、徐々に頭は回らなくなってきますよね。

そして消耗したら、一度がっつり寝ない限り、思考力は中々回復しません。

 

ではどんなときに思考力を使うのか。

ボディーブローのように思考力を削るのは「意思決定の数」でしょう。

  • 朝ごはんは何を食べるか?
  • 服は何を着るか?
  • 何時の電車に乗るか?
  • どの車両に並ぶか?

朝の数十分だけでも、こんなにも考えることがあるんです。

こうした「自分にとってどうでもよいこと」に頭を割いている暇はありません。

考えるべきことに集中して、考えるべきでないことは思考停止する。

そのためには、「意思決定の自動化や外部化」が鍵である。

 

本書は、この「意思決定の自動化や外部化」の大切さを改めて教えてくれました。

  • 朝ごはんは曜日別に食べるものを固定する
  • 着ていく服もローテーションを組んでおく
  • 乗る電車の時間帯と車両は毎日一緒にしておく

…これが「意思決定の自動化」です。

  • 朝ごはんのメニューはパートナーに決めてもらう

…これが「意思決定の外部化」です。

こうした仕掛けを地道に作っていくことで、思考力というリソースをうまく配分できるようになるのでしょう。

自分の日々の生活について深く考えさせられる一冊でした。


https://www.amazon.co.jp/dp/447810719X