BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『苦しかったときの話をしようか』森岡 毅

f:id:logichan:20190627073800j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 仕事は何を選んでいいのかわからない…何を軸に選べばよいか?
  • 今の会社にずっといていいのか?

 

『苦しかったときの話をしようか』って?

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』を読んで以来、すっかり森岡 毅氏の本にハマりました。

著者は、日本を代表するマーケティングのスタープレイヤーですので、必然的にマーケティング本を多く書いておられるのですが、一冊だけニュアンスが異なる本を発見しました。

それが本書『苦しかったときの話をしようか』です。

この本、実は「著者が、就職活動に悩む娘さんに向けて書かれた手紙」のようなものだったそうです。

ですので、特定の1人に向けて書かれたメッセージなだけに、とても具体的で生々しいストーリーです。

そんな本書の「ペライチ」に挑戦してみました。

※画像をクリックすると、PDF版が開きます。

f:id:logichan:20190627080553p:plain

ざっくり掻い摘むと、次のことが書かれていました。

  • 学校では教えてくれないが、実は人間は、みんな違って、極めて不平等である。そんな我々は、「欲」を本質とし、「競争」を構造とする「資本主義」の世界の中で生きている。だからこそ、「周りとの違い=ユニークな特徴=強み」にいち早く気付き、強みを「稼げる職能」にまで育て上げることが大事。
    自分がナスビかキュウリなのかに早く気付き、ナスビならナスビとして育っていくことに集中すべし。

  • 強みに気付くには、自分が「Thinking型」「Communication型」「Leadership型」のどれに当てはまるのかを分析してみるとよい。

  • 強みがわかったら、その強みを集中的に使って生きていけるよう、普段から「自分をマーケティング」しておくとよい。マーケティングのフレームワークに沿って、周囲の関係者に、自分のキャラクターを徹底的に認知させる。

  • それでも苦しくなるときがある。そんなときは、「ナスビはキュウリにはなれない。ナスビとして育つしかないんだ」と原点に立ち返ってほしい。

本書が伝えたい本質を一言で抽出すると。

「ナスビであることに気付き、ナスビとして育つことにこだわれ」

…これだと理解しています。

やはり、向き不向きは存在するのです。
ナスビが無理に「キュウリとして美味しくなろう」と頑張っても、キュウリには勝てない。

それよりも、ナスビとして美味しくなることに集中投資できるよう、普段から自分をマーケティングし続ける必要がある。

「あいつは、ああいうやつだけど、〇〇はすごいから、しょうがない」

この認知を周囲に埋め込むことができたなら、こっちのもの。
堂々とナスビとして、すくすくと育っていける。

…こんな方法論を、心に染み込ませることができました。

 

とはいえ、本書は「元々は手紙だったもの」なので、文脈とセットじゃないと、本書の魅力が半減してしまいますね…

是非、飛ばし読みせずに、時間をかけて読んでいただきたい一冊です。

 

学び

このビジネス書を通して、次の学びを得ました。

まずは「自分がナスビなのかキュウリなのか?」に気付かないと始まらない

この問いは、早く気付くことに越したことはない。
むしろ、「どれだけ早いタイミングで気付けるかが大事」だと思いました。

この問いの答えがブレていると、人生に占める「ナスビがキュウリになろうと辛い時間」の割合が、どんどん大きくなっていくからです。

何事も、まずは「自分の凸凹」を認知することから始まるのだと、改めて実感しました。

次の「どんなナスビを目指すか?」が難しい

次の難所は、「どんなナスビを目指すか?」でしょう。

ナスビはこの世にたくさん存在します。

僕自身は、かなり偏った「Thinking型」ですが、「Thinking型」の人間は山のように存在します。

そんな中で、「オンリーワンなナスビ」に育っていくためには、「かけ算」が大事になってきます…が、これが難しい。

「Thinking型×〇〇」の〇〇が中々見つからない。
Thinking系の仕事の周辺を、根気強く探っていく必要があります。

例えば「Thinking型」でも、マーケティングが好きな人もいれば、ファイナンスが好きな人もいる。
「Thinking型×マーケティング」なのか「Thinking型×ファイナンス」なのかは、実際に手を動かしてみないとわからない。

もしかすると「Thinking型×〇〇」の〇〇は、二番目に得意な「Leadership型」に眠っているかもしれない。

 

…途方もないですね。
ただ、逆の見方をすると、「可能性がたくさんあって、ワクワクする」。こんな感情が湧いてきました。

ワクワクが消えないうちに、今日も色々チャレンジしてみようと思います。

 

明日から取れるアクション1つ

  • 自分のスキルや経験を棚卸して、「〇〇×〇〇」の仮説をいくつか書き出してみる