BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社を経て、経営大学院に勤務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

【1枚でわかる】『仕事に関する9つの嘘』マーカス・バッキンガム

f:id:logichan:20200622225603j:plain

この本で解ける疑問は?

  • 普段会社で言われている「常識」って本当に正しい?
  • 働く上で直視すべき「真実」とは?

 

『仕事に関する9つの嘘』って?

何とも奇妙なタイトルですよね。

本屋さんで異色のオーラを放っていたのがこの本でした。

そのオーラに引き寄せられて、この本を手に取ってみたのですが、読み進めるうちに度肝を抜かれました。

この本を読んでいくと、これまで何となく"常識"だと思っていた概念が実は間違いであると、次々と暴かれていきます。

最初は「え、これも嘘なの?」とびっくりしますが、徐々に「嘘を暴いていくプロセス」が快感になってきます。

 

では、早速本書の「ペライチ」を見ていきます。

f:id:logichan:20200622225532p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

本書の内容を「要約」すると、次のことが書かれていました。

  • 「どの会社」で働くかが大事…これは嘘である。
    「どの会社」で働くかは大事ではなく、「どのチーム」で働くかが大事。
    ほぼ全ての仕事がチームワークで成り立っている。
    「チームリーダーを信頼している」と答えた社員は、それ以外の社員よりエンゲージメントが12倍高い。
  • 「最高の計画」があれば勝てる…これは嘘である。
    計画が煮詰まってきたころに新しい発見があり、計画を見直し続けることになる。
    「最高の計画」があれば勝てるわけではなく、「最高の情報」があれば勝てる。
    チェックイン(現状確認)を1on1で毎週行い、情報伝達の速度と鮮度を上げると効果的。
  • 最高の企業は「目標」を連鎖させる…は嘘である。
    最高の企業は「目標」を落とし込むのではなく、「意味」「目的「使命」を連鎖させている。
    唯一役に立つ目標は「自分から自発的に立てた目標」だけである。
  • 最高の人材は「オールラウンダー」である…は嘘である。
    最高の人材は「オールラウンダー」ではなく、「尖った人材」である。
    メンバー一人ひとりの個性を「バグ」ではなく「仕様」と捉える意識が大事。
    ただし、個としてオールラウンダーを求めるのは間違いだが、チームトータルではオールラウンダーであるべき。
  • 人は「フィードバック」を求めている…は嘘である。
    人は「フィードバック」ではなく「注目」を求めている。
    称賛と指摘を「3対1」の割合で行うことが大事。
  • 人は「他人」を正しく評価できる…は嘘である。
    は他人を正しく評価することはできないが、自分自身の経験を正しく評価することはできる。
    評価については、客観的に「正確さ」を追求することはできない。
    「信頼性」のある主観性のほうがよっぽど的確である。
  • 人には「ポテンシャル」がある…は嘘である。
    ポテンシャルが存在するという証拠は皆無だが、「モメンタム(運動量)」は確実に存在する。
    ポテンシャルを引き出そうとするのではなく、1)自分がどういう人間でどこに向かおうとしているのか、2)これから身につけたい測定可能なスキルと経験は何か、の2点を理解できるよう手助けるほうが何倍も効果的。
  • 「ワークライフバランス」が何より大事だ…は嘘である。
    仕事の燃え尽きの原因はバランスではなく「愛の欠如」である。
    仕事と生活のバランスではなく、大好きなことと大嫌いなことのバランスが大事
    「どんな行動で毎日を満たすか自分で選び、それらに対する自分の感情的反応はどうだったか?」に注意を払う。
  • 「リーダーシップ」というものがある…は嘘である。
    リーダーシップの存在は不確かだが、「フォロワーシップ」は確かに存在する。
    われわれは「尖り」についていく。したがって「尖り=特異性」にフォーカスしたほうがいい。

いかがでしたでしょうか。

「え、これも嘘なの?」と、思わず声が漏れてしまいそうですよね。

ここ最近で最も発見が多かった本でした。

462ページありますが、面白くて表現が平易なので、あっという間に読めてしまいます。

一つの読み物としてオススメです。

学び

必ずしも「ワークライフバランス」は人を幸せにはしない

中でも意外と衝撃だったのが、この学びです。

本書を通して、「ワークライフバランス」は表層的なキーワードに過ぎないことがわかりました。

それよりも、最も深層心理として存在するのが「好き嫌い」の概念。

 

「ワークライフバランス」を重視する人は、「仕事のせいで、プライベートの時間が確保できなくなることが大嫌いな人」なわけです。

仕事自体が「大好き」で満たされている人は、仕事の時間の割合が増えても全く問題ない。

むしろ、仕事に「大好きなこと」を見出している人にとっては、「定時だから早く帰れ」と言われると幸福度はガクッと下がってしまいます。

 

ですので企業を見る際は、「ワークライフバランスが充実しているか」ではなく、「自分の"好き"が満たされて、"嫌い"が最小限か」という視点を持つ必要があります。

そのためにも、普段から「自分の好き嫌い」を明確に言語化しておくことが非常に重要になってきます。

また「自己理解ブーム」が戻ってきそうです。