マインドセット マインドフルネス 書評

【書評】『発達障害サバイバルガイド』借金玉

この本で解ける疑問は?

  • 「あたりまえ」がなかなかできないときに心がけておくことは?
  • どうすれば普通じゃなくても生き抜いていける?

https://amzn.to/2VEpdDi

『発達障害サバイバルガイド』って?

気づいたらこの本を立ち読みしていて、気づいたら購入していました。

というのも、私自身、昔から「普通にして」「ちゃんとして」という言葉に苦しめられていたからです。

今でこそ、だいぶ良くなりましたが、例えば高校の授業中なんかは…

「教室という狭い空間。40人もいるなかで、自分は50分間じっとしていることができるだろうか?」

「もし気分が悪くなったらどうしよう…」

…みたいなことで頭がいっぱいになり、授業に全く集中できないなんてことが多々ありました。

「50分間じっと座っておく」という行為が普通にできなかったんですね。

 

そんな思い出がふと蘇り、「あのときの自分と同じように苦しんでいる人がいたら、この本を渡してあげたいな」と思えたのが、今回ご紹介する『発達障害サバイバルガイド』です。

 

f:id:logichan:20201204225517p:plain

(画像をクリックすると、PDFが開きます)

  • お金
    必要なのは「金を稼ぐ」技術よりも「貧乏でもやっていく」技術
    ⇒「固定費」や「投資」の考え方を理解する
  • うつ
    「どん底から再起する」技術を身につける
    ⇒人生を転げ落ちそうになったときに上手な受け身を取る。無理せず1mmずつやる
  • 休息
    働かなくても休むことはできるが、休まないと働くことはできない
    ⇒休日を平日の帳尻合わせではなく、娯楽を適切に確保する
  • 在宅ワーク
    よき日常があってこそ、よき仕事がある
    ⇒限られた現状の中で、よき日常を作り出すことを最優先する「意識の低さ」を大切に

  • 服にセンスは必要ない
    ⇒①いかに「不快でない服」を手に入れるか、②いかに「社会的コード」を守るか、③いかに服を「管理」するかが大事
  • 食事
    レシピがだるくて覚えられない場合は…
    ⇒料理の原理原則だけをしっかり会得する。細かい調理方法は気にしない
  • 生活環境
    「設備投資できない病」が全てを狂わせる
    ⇒人生をよりよくするのは「努力」ではなく「設備投資」
  • 習慣
    生活の「スタートコスト(=やるべきことに取りかかるためのハードル)」を下げる
    ⇒「一元化」「常時一覧化」「省エネ化」を積み重ねてハードルを下げる

いかがでしたでしょうか。

この本には、読んで実行したらすぐに効果が出るような、非常に実践的なテクニックが数多く紹介されています。

いずれも、発達障害を持たれた方の背景やペインに寄り添いながら、決して無理のない、しかし効果の大きい処方箋を一つひとつ丁寧に教えてくれます。

…というか、誰が読んでも役立つテクニックばかりだと思います。

是非たくさんの方にオススメしたい一冊です。

学び

自分なりの「受け身の取り方」を持つ重要性

この本で特に印象深かったのが「うつ病」の章でした。

「遠い存在だと思っていたら、実は身近な病気だった」と感じられている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

このうつ病に対して、本書は「上手な受け身の取り方を身につけておきましょう」とアドバイスをしてくれました。

  • 向いていない仕事を無理に行う必要はない
  • 「何もしない」というのも1つの意思ある行動である

これらを意識しておくことで、いざ自分が精神的に追い詰められそうになったとき、上手な受け身が取れるはずです。

例えば、上司からの評価は下がっていいので、自分に向いていない仕事は徹底して断る。こういった受け身を取ることで、心身へのダメージを最小化する。

…言葉にすると簡単ですが、言うは易く行うは難し。

日ごろから少しずつ「断る練習」とか「逃げる練習」をしておくべきなのでしょう。

「自分はメンタル強いから関係ないや」と思っている人ほど、これらの練習が必要なのかもしれません。

久々に、一歩立ち止まって、自分の心身の健康と向き合うことができました。感謝。


https://amzn.to/2VEpdDi

-マインドセット, マインドフルネス, 書評

© 2021 BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで