BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社に勤務。ホワイトでスマートに働くコンサルを目指していたが、最近は激務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

面接の一問一答対策はキリがない?現役コンサルによる就活の論点設定-第10回-

前回に引き続き、就活の論点「第10回」を書いて参ります。

今回は企業への発表編ということで、「面接」を扱います。

★就活の攻略法を丸ごと知りたい方はこちら★

【保存版】就活の論点-攻略法総まとめ-(全10記事+図解で解説) -

 

前回の振り返り

  • 自己PRは、読み手に「あなたの価値観≒会社の価値観」「強みを、自社でも再現して活躍してくれる」と思ってもらえるように書いてみましょう
  • 自己PRもフレームワークに沿って書いてみましょう

前回の話が気になる方は、こちらをご覧ください。

その自己PR、あなただったら採用する?現役コンサルによる就活の論点設定-第9回-

今回の解いていく論点

赤字の論点を解いてまいります。

  • なんのために就活をやるのか(Why編)…第1回
  • 就活において答えを出すべき論点はなにか(What編)
    • 5つの論点と解く順番…第2回
    • 「なぜしたいのか?」の解き方…第3回
    • 「なぜあなたを採用しないといけないのか?(=強みは?)」の解き方…第4回
    • 「なにをしたいのか?」の解き方…第5回
    • 「なぜこの業界か?」「なぜこの企業か?」の解き方…第6回
  • 得た答えを使った試合運び(How編)
    • 最小限の情報収集の術…第7回
    • 企業への発表~志望動機~…第8回
    • 企業への発表~自己PR~…第9回
    • 企業への発表~面接~…第10回

論点:「何が聞かれるか分からない」面接の攻略法とは?

一問一答形式で全部用意するのは難しい

「エントリーシートは時間をかけて、問いと向き合える。だけど、面接はその場で何が聞かれるかわからないから不安」という方も多いと思います。

  • 最近気になっているニュースはなに?
  • あなたが社長だとしたら、何をしたい?
  • 好きな色は?
  • 今、宙に浮かんでいるゴルフボールの数は?
  • なぜ?なぜ?なぜ?…

…考えるとキリがないですね。一問一答での対策がすごく難しい、それが面接のイメージかと思います。

そもそも、企業側が明らかにしたいことは?

そこで、恒例の「企業視点に立ってみる」をやってみましょう。

  • 企業側はまず、「あなたを採用するか否か」を判断したい
  • その判断のためには、「あなたの価値観≒会社の価値観かどうか?」「強みを、自社でも再現して活躍してくれるかどうか?」を知る必要がある
  • それを知るために、「5つの問い」の視点から質問をしていく必要がある

…と結局は「5つの問い」の答えを知りたがっているだけだと思うんです。
でないと、「何のための質問?」ってなっちゃいますしね。
(アイスブレイクのための質問でない限りは)

結局は「5つの問い」のどれかに関連づけて答える意識を持つ

図1をご覧ください。

f:id:logichan:20190207181642p:plain

図1「5つの問いと面接の質問の関係」

一般的に「聞かれて嫌な質問」をリストアップしてみました。
ただ、いずれも質問も、「5つの問い」と結びついていることがわかります。

例えば、「日本に存在する電柱の数は?」という質問。
これは一見すると意味不明ですが、「きちんと筋を立てて、電柱の数を算出するロジックを立てられているか?」を見るための質問です。
つまり「なぜあなたを採用しないといけないのか?」を確かめているわけです。

 

どうしても頭が真っ白になってしまった場合

「5つの問い」を意識しろ、と言われても、どうしても答えに窮する質問はあるでしょう。
そんなときは、

  • 「20秒待ってもらっていいですか?」
  • 「理解不足で申し訳ございません。もう一度、質問を言ってもらってもいいですか?」

…と、時間を稼いでみましょう。連発はできませんが、1回くらいならチャンスをくれるかもしれません。

 

それでもダメだったら…
悔いを残さぬよう、また企業側にも有益になるよう、次の2点をしっかりアピールしましょう。

  • 「私の価値観≒御社の価値観である」
  • 「私の強みを、御社でも~という風に再現して、活躍してみせます」

この2点は、企業側が知りたがっている情報なので、アピールしても、嫌がられることは無いと思います。

 

それでもダメだったら…問題ありません。

  • 「私の価値観≠御社の価値観」ということがわかる
    →合わない環境を選ばずに済む
  • 「私の強みは、御社で再現できない」ということがわかる
    →活躍できない環境を選ばずに済む

AIなどの技術が進歩してきたとはいえ、当分は、ほとんどの人が、仕事に人生の大半の時間を捧げることになるでしょう。
そうした貴重な時間を「合わない」「活躍できない」環境で過ごすのはもったいないと思います。

しんどいですが、もう一度「5つの問い」と向き合い直し、企業を探し直す必要はありますが…
大事な意思決定なので致し方ありません。

まとめ

  • 面接の質問は、「5つの問い」に結びつけて回答するように意識する

非常に長くなりましたが、今回で【番外編】現役コンサルによる就活の論点設定の全10回が終了となります。

ここまで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。