BIZPERA(ビズペラ)-ビジネス書評はペライチで

外資系コンサルティング会社に勤務。ホワイトでスマートに働くコンサルを目指していたが、最近は激務。地元九州への隠居を細々と構想中。書評?感想?読書日記をロジカルに書いていきます。夢は大きく、「ビジネス書コンシェルジュ」になれるよう、頑張ります。

「就活の目的は?」この質問、答えられますか?現役コンサルによる就活の論点設定-第1回-

いよいよ、就活の論点「第1回」をスタートしていきます。

★就活の攻略法を丸ごと知りたい方はこちら★

【保存版】就活の論点-攻略法総まとめ-(全10記事+図解で解説) -

 

前回の振り返り

  • 世の就活本に偉そうに問題提起を行い、就活の納得感の8割を左右するような、重要な論点=イシュー」があるはず、と豪語
  • 就活で解くべき論点の「全体像」を提示

前回の話が気になる方は、こちらをご覧ください。

現役コンサルによる就活の論点設定-全体像編-

今回の解いていく論点

赤字の論点を解いてまいります。

  • なんのために就活をやるのか(Why編)…第1回
  • 就活において答えを出すべき論点はなにか(What編)
    • 5つの論点と解く順番…第2回
    • 「なぜしたいのか?」の解き方…第3回
    • 「なぜあなたを採用しないといけないのか?(=強みは?)」の解き方…第4回
    • 「なにをしたいのか?」の解き方…第5回
    • 「なぜこの業界か?」「なぜこの企業か?」の解き方…第6回
  • 得た答えを使った試合運び(How編)
    • 最小限の情報収集の術…第7回
    • 企業への発表~志望動機~…第8回
    • 企業への発表~自己PR~…第9回
    • 企業への発表~面接~…第10回

論点:なんのために就活をやるのか

私が考える答えは「自分の頭で考える準備体操を行い、新しいスタートラインに立つため」です。

順をおって説明いたします。

まず、そもそも、「なんのために就活をやるのか=就活の意義・目的」がわからないと、なかなか本腰が入れにくいのではないでしょうか?

例えば、「周りが就活を始めたから」「自己分析が大事だと聞いたから」、という周囲に置き去りにされることへの不安がきっかけの方も、何名かいらっしゃるのではないでしょうか?

そうした「意義・目的が腹落ちできていない状態=とりあえず状態」が続くと危険です。
なぜならば、そうした状態だと、モチベーションの維持が困難だからです。

逆にいえば、心から「やらねば」と思えることであれば、おのずと意欲が湧いてくるはずです。

では、結論だけ置いてけぼりになっているので、本題に入ります。

f:id:logichan:20190112145053p:plain

「なんのために就活をやるのか」の答えは、就活の前後である「これまで」と「これから」の間に潜むギャップを見ていくと、輪郭がハッキリしてきます。

まず「これまで=学生時代」は、「テストの点数が高い=よいこと」「通知表の成績がよい=よいこと」のように、ものさしや正解を与えてもらう環境でした。

一方「これから=社会人時代」は、目標・ものさし・正解は、誰も与えてくれません。
「売上をあげた人が正義」という人もいれば「社会への貢献度こそがすべて」なんて人もいるかもしれません。
(少々おおげさな表現ですが、口には出さずとも、心の中で思っている人はいるはず)

このように、「これまで」と「これから」には大きくギャップがあります。
そもそも、「ギャップ」を感じなきゃいけない状態自体に違和感がありますが、それはさておき。

このギャップを埋めるには、「人生を豊かにするために、目標・ものさし・正解を自分の頭で考えないといけない」、これが喫緊の課題。

以上の背景を踏まえ、就活という「学生時代と社会人時代の狭間」を見つめ直すと、「まずは、自分の頭で考える準備体操をしなきゃ」という考えに行き着きます。

そうすると、おのずと、就活の目的とは「自分の頭で考える準備体操を行い、新しいスタートラインに立つ(=就職先や進路が確定している)こと」といえるでしょう。
※ここでいう「就職先や進路」は、起業や大学院への進学、海外ボランティアなど、様々な意味合いが込められています。

要は、「思考したうえで、自分がこれだ!と思える選択肢が、確立できている状態」を目指すことが、就活の意義や目的だと思います。

くどいようですが、この「自分の頭で考える」というのが肝です。
言われるがまま、自己分析ワークシートを何個も埋めて、「いっぱい頑張ったわりに、結果が出ない」なんてことにならないよう、気を付けましょう。

まとめ

  • なんのために就活をやるのか?の答えは自分の頭で考える準備体操を行い、新しいスタートラインに立つため
  • スタートラインに立つとは、思考したうえで、自分がこれだ!と思える選択肢が、確立できている状態を指す

以上、長くなりましたが、「なんのために就活をやるのか」を解いてみました。

次回は、「就活において答えを出すべき論点はなにか」にて、5つの問いと解く順番をお伝えします。

「就活で答えるべき問いと解く順番」を知る!現役コンサルによる就活の論点設定-第2回-